【Fans’ Choice 】7月12日からはプレミアのファン投票FPガチャが登場中!【ウイイレ2021】

ウイイレ2021 PS4版&アプリ版】7月12日(月)のFPガチャ情報です。

今週月曜日はファン投票のFPガチャが登場しています。

今回はプレミアリーグ編。

いつものFPガチャとは異なり、回数無制限で引けるのがファン投票FPガチャの特徴です。

プレミアファンの方や最近始めたばかりで戦力を補強したい方はぜひチェックしてみて下さい。

以下、収録選手の細かい能力値になります。

MEMO
※今後も同名FPが登場する可能性はありますが、その際は今回とまた異なる能力値になることがあります
。また、レベル1時点の能力値です。★は管理人独自の評価です

FPケインのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPケインはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • ボールキープ+6
  • それ以外は+3ずつ

オフェンスセンス・決定力・キック力・フィジカルコンタクトの高いラインブレイカーなのが特徴です。

シュート系スキルも豊富にそろっており得点能力に関しては文句なしの一級品。

前作からはプレースタイルが変わった結果、ラインブレイカーとしては珍しいフィジカル値の高いタイプとなっています。

その影響で使用感も前作とは大きく異なりますが、今作も依然として優秀なCFと言えますね。

CFは超激戦区ですがFPケインはスタメン起用しても全くおかしくないだけの強さがあります。

FPサラーのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPサラーはプレースタイル:インサイドレシーバーのRWG

  • 瞬発力+7
  • それ以外は+4ずつ

FPサラーは決定力が優秀な快速ウインガーになります。

サラーは前作よりも能力値が落ちてしまっていますが、それでもまだまだ今作のRWGのFPではトップクラスの存在です。

ドリブル系能力・スピード値が高いのはもちろん、その上でCF並みのオフェンスセンス・決定力となっているのが魅力。

433フォーメーションを採用している方には非常に重宝する存在かと。

FPカンテのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPカンテはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • オフェンスセンス+8
  • フィジカルコンタクト+2
  • それ以外は+5ずつ

中盤の選手としては最高峰の守備力を誇る守備職人

もはやそこらへんのCBよりも守備力が高く、FPカンテがいると中盤の守備が非常に安定するはずです。

前作からはコンディション安定度-2されてしまっていますが、依然として今作もCMFのFPとしては最強クラスで間違いないでしょう。

アイコニックを持っていなくてもこのFPカンテがいればもう戦力としては申し分なし。

中盤の守備をめちゃめちゃ頑張ってくれるので使っていてとても愛着のわく選手でもありますよね。

元々優秀な選手ながらも今回+5ベースの大幅強化なのも最高に嬉しい点に。

FPブルーノフェルナンデスのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPブルーノフェルナンデスはプレースタイル:2列目からの飛び出しのOMF

  • ボディコントロール+6
  • それ以外は+3ずつ

テクニシャンタイプかつ得点力もOMFとしては素晴らしいのがFPブルーノフェルナンデスの特徴です。

プレースタイル:2列目からの飛び出しなことから、ゴール・アシストどちらも積極的に狙えるOMFとなっています。

前作よりもかなり強くなっているので前作使っていた方には非常におすすめなFPですね。

今作序盤~中盤にかけて頻繁に登場していましたが最近だと久しぶりの登場に。

アプデの影響もあり、今作序盤に出たFPブルーノフェルナンデス(↓)よりも今回のFPブルーノフェルナンデスの方が能力値は断然優秀です。

FPブルーノフェルナンデスは月曜日の7月5日ポルトガル代表のFPガチャでも登場していました。

FPロリスのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPロリスは今回のゴールキーパー枠です。

  • プレースタイル:攻撃的GK
  • スキル:低弾道パントキック持ち
  • コンディション安定度:5
  • 身長:188cm

前作のFPロリスはクリアリングが低い特徴を持つGKでしたが、今作では通常版の段階でクリアリングが高い仕様になっています。

そのため今作のFPロリスはコンディション安定度が1下がってしまったものの、バランスが良くて弱点のないGKです。

6月14日フランス代表のFPガチャ以来の登場に。

FPヴァーディのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPヴァーディはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • 決定力+7
  • それ以外は+4ずつ

裏抜けが得意でスピードと決定力のあるCFなのがFPヴァーディの特徴になります。

このタイプはウイイレでは毎年かなり優秀で、抜け出しスルーパスを適当に出すだけでもチャンスになりますし、スキル:ワンタッチパスを持っているのでワンツーパスを多用する方にも向いている選手になります。

そしてFPヴァーディはアグレッシブネスも非常に高いのも魅力の1つ。

また、スキル:ワンタッチパス・ワンタッチシュート・コントロールループ・チェイシングなどなど優秀なものがそろっているので裏抜け以外の面でも使いやすいFPですね。

今回決定力が大きく強化されています。

FPアーノルドのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPアーノルドはプレースタイル:攻撃的サイドバックのRSB

  • スピード+7
  • それ以外は+4ずつ

今作のアーノルドは前作よりもパス面・クロス面含めて攻撃面で相当使いやすくなっています。

最大レベル上限もやや高めなので育成することでかなり万能なRSBへと成長するのが魅力です。

特にパスに関してはSBでも屈指の数値まで伸びます。

SBに何を求めるかで起用する選手も変わってくるかと思いますが、RSBに攻撃面を求める場合には今の時期でも当たりFPで間違いありません。

SBに守備を求める場合は

この辺のプレースタイル:守備的サイドバック持ちか本職CBの選手をSBで起用するのが個人的なおすすめ。

FPマグワイアのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPマグワイアはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • フライパス+7
  • それ以外は+4ずつ

身長194cmと大柄でフィジカル値が非常に高いCBです。

レべル1時点でフィジカルコンタクト98はCBの中でもトップクラスの数値になります。

空中戦に絶対の自信アリ。

ただスピードにはやや不安要素があるので、FPマグワイアをスタメン起用する場合は相手選手の裏抜けをこまめにケアしてあげる必要があるかもしれません。

それでも今回スピード値が+4されてますし過去回よりも大きく強化されているためかなり使いやすいFPになっています。

FPロドリのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPロドリはプレースタイル:アンカーのDMF

  • ディフェンスセンス+6
  • それ以外は+3ずつ

身長191cmと背の高いアンカーで守備力が高いのがFPロドリの魅力です。

CB並みの高い守備力で中盤を守ってくれます。

その上でパス値・スピード値も充分な数値まで伸びますので、まだアンカーFPがいないという方にはかなり理想的なFPでしょう。

今の時期からでもスタメンに入るだけの強さは間違いなくあります。

月曜日の7月5日スペイン代表のFPガチャでも登場していました。

FPメイソンマウントのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPメイソンマウントはプレースタイル:チャンスメイカーのOMF

  • ボールコントロール+8
  • それ以外は+5ずつ

現在21歳の若手OMFです。

レベル1時点でも総合値が高く、育成すると非常に万能なOMFへと成長します。

OMF枠に悩んでいる方はぜひFPメイソンマウントを育成してみて下さい。

先ほどのFPケイン・FPマグワイア同様、6月28日イングランド代表のFPガチャでも登場済み。

FPルーベンディアスのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPルーベンディアスはプレースタイル:ハードプレスのCB

  • グラウンダーパス+8
  • それ以外は+5ずつ

CBとしてはバランスの良い能力値で最大レベル上限も高いのがFPルーベンディアスの魅力になります。

頑張って育成することでかなり万能なCBへと成長するので、ここ数作と同じ若手の有能FPという立ち位置ですね。

FPルーベンディアスはLSBの薄いポジション適正もあり、CBはもちろんLSBとしても優秀な存在です。

今回+5ベースとがっつり強化されているのも素晴らしい点に。

今作序盤に出たFPルーベンディアス(↓)よりも間違いなく優秀なので、乗り換える価値も充分にあるかと。

FPルーベンディアスは月曜日の7月5日ポルトガル代表のFPガチャでも登場済み。

まとめ

  • 今週はプレミアリーグのファン投票FPガチャが登場
  • 目玉FPはカンテ・ロドリなど

今週のFPガチャシリーズ過去記事一覧はこちら

関連記事
歴代のFPガチャは(↓)の記事にまとめていますので興味のある方はぜひ。

ウイイレ2020のFPガチャ総まとめ ウイイレ歴代のFPガチャ総まとめ【今週のFPガチャシリーズ】