「ユーロPOTW第5弾」今週(7/15)のPOTW(週間FPガチャ)能力値まとめ【ウイイレ2021】

ウイイレ2021 PS4版&アプリ版】7月15日(木)のFPガチャ情報です。

今週もユーロのPOTWが登場しています。

今回が第5弾。

おすすめ度
(3.5)

今作のPOTWも残りわずかだと思われますので興味のある方はお忘れなく。

以下、7月15日POTWで登場したFPの細かい能力値です。

MEMO
※今後も同名FPが異なる能力値にて登場することがあります。また、画像はレベル1時点の能力値です。★は管理人独自のあくまでゲーム内における評価です

FPケインのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPケインはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • 決定力・ボールキープ・スタミナが+5
  • それ以外は+2ずつ

オフェンスセンス・決定力・キック力・フィジカルコンタクトの高いラインブレイカーなのが特徴です。

シュート系スキルも豊富にそろっており得点能力に関しては文句なしの一級品。

前作からはプレースタイルが変わった結果、ラインブレイカーとしては珍しいフィジカル値の高いタイプとなっています。

その影響で使用感も前作とは大きく異なりますが、今作も依然として優秀なCFと言えますね。

CFは超激戦区ですがFPケインはスタメン起用しても全くおかしくないだけの強さがあります。

ただし、強化値自体は7月12日プレミアのファン投票FPガチャ6月28日イングランド代表のFPガチャの方が高め。

FPマグワイアのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPマグワイアはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • スタミナ・ディフェンスセンス・ボール奪取が+9
  • それ以外は+4~5ずつ

身長194cmと大柄でフィジカル値が非常に高いCBです。

レべル1時点でフィジカルコンタクト98はCBの中でもトップクラスの数値になります。

空中戦に絶対の自信アリ。

ただスピードにはやや不安要素があるので、FPマグワイアをスタメン起用する場合は相手選手の裏抜けをこまめにケアしてあげる必要があるかもしれません。

最近の7月12日プレミアファン投票FPガチャでは+4強化でしたが、今回はフィジカルコンタクト以外だいたいの数値が+5強化となっています。

FPボヌッチのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPボヌッチはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • フライパス・フィジカルコンタクト・ディフェンスセンスが+8
  • それ以外は+4~5ずつ

CBとしてはロングパスが非常にうまい特徴を持つ選手です。

前作ではコンディション安定度4でしたが、今作はコンディション安定度が+1されています。

スキルもCBとしてはとにかく優秀なのも魅力の1つですね。

過去回よりも強化値高めで登場しているのも嬉しい点に。

つい最近出た6月21日イタリア代表のFPガチャ(↓)時の上位互換となっています。

FPラポルトのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPラポルトはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • フライパス・ディフェンスセンス・ボール奪取が+7
  • それ以外は+4ずつ

身長191cmの大型CBです。

今回守備力が大きく強化されているのが素晴らしい点に。

FPラポルトは守備力だけでなく、パス値・フィジカル値良い数値まで伸びます。

1月4日マンチェスターシティCS(↓)以来久しぶりの登場で、その際よりも強化値はかなり高めとなっています。

FPヴェッラッティのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPヴェッラッティはプレースタイル:プレーメイカーのCMF

  • グラウンダーパス・瞬発力・アグレッシブネスが+5
  • それ以外は+2ずつ

身長165cmと小柄でドリブル値が非常に高いCMFというのがFPヴェッラッティの特徴です。

小回りの利くドリブルができるのでドリブル好きの方にとってはかなり楽しい選手でしょう。

パスも非常にうまいですし、守備力もCMFとしては充分な能力値です。

スピード・フィジカルがそこまで高くないため扱いは少し難しいですが、独特な使用感の面白いFPなので当たった方はぜひ。

ただ、残念ながら前回の6月21日イタリア代表のFPガチャ時よりも強化値は控えめに。

FPドンナルンマのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPドンナルンマは今回のゴールキーパー枠です。

  • プレースタイル:攻撃的GK
  • スキル:低弾道パントキック持ち
  • コンディション安定度:7
  • 身長:196cm

ウイイレでは数年前からずっと若手の優秀GKとして有名なドンナルンマは今作も最高峰の強さを誇ります。

IM(アイコニック)のGKともスタメン争いできるは文句なしの最強クラスGKです。

若手GKながらももはや成長の余地がないぐらいの高いGK関連能力値を誇ります。

まだFPドンナルンマを持っていない方は今回GETする大チャンス。

FPフェデリコキエーザのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPフェデリコキエーザはプレースタイル:ウイングストライカーのRWG

  • オフェンスセンス・カーブ・瞬発力が+7
  • それ以外は+4ずつ

ドリブルの上手い快速若手ウインガーなのがFPキエーザの特徴です。

SBをはじめ様々なポジションをこなすことができますし、最大レベル上限が高いので育成すると万能なウインガーへと成長するのがFPキエーザの魅力です。

特に決定力はウインガーとして充分な数値まで伸びます。

FPジョルジーニョのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

FPジョルジーニョはプレースタイル:プレーメイカーのDMF

  • ボディコントロール・ディフェンスセンス・ボール奪取が+5
  • それ以外は+2ずつ

FPジョルジーニョはパスが光るタイプの選手です。

パス能力値の高さはもちろん、ワンタッチパス・スルーパスなどパス系スキルをほぼ網羅しているので中盤から高精度なパスを展開できるのが魅力。

先ほどのFPヴェッラッティ同様、この時期でも全体的な強化値は控えめなので過去に出たFPジョルジーニョと強さ的にはだいだい変わりありません。

FPルークショーのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPルークショーはプレースタイル:攻撃的サイドバックのLSB

  • ドリブル・ボールキープ・瞬発力が+7
  • それ以外は+4ずつ

スピードのあるSBであり、その他能力値もバランスよい構成となっています。

身長185cmとSBとして大柄で、フィジカル値・守備力もそれなりにあるのがFPルークショーの特徴です。

スキル:スルーパスは前線のFWに裏抜け用のパスを送れるのでSBにあると結構重宝します。

前回の7月1日POTWでは守備力が大きく強化されていましたが、今回は攻撃面で使いやすい強化になっています。

FPホイビュアのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

FPホイビュアはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • グラウンダーパス・フィジカルコンタクト・ボール奪取が+7
  • それ以外は+4ずつ

パス値の高さ・パス系スキルの豊富さ・キック力の高さが魅力の選手です。

短いパスはもちろんロングパスも面白い軌道のパスが出せるCMFとなっています。

また、CMFとしては守備力が高く、今回フィジカルコンタクトが大きく伸びているのも嬉しい点。

両SBの薄いポジション適正もあります。

FPダムスゴーのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPダムスゴーはプレースタイル:ウイングストライカーのLWG

  • 決定力・スピード・プレースキックが+9
  • それ以外は+6ずつ

快速ウインガーFPなのが特徴です。

シュート系スキルも豊富に持っており、今回決定力が大きく伸びたため得点力が魅力となっています。

現在20歳と若くて最大レベル上限が高いため、育成すると充分な総合値まで成長します。

まとめ

  • 今週はユーロPOTW第5弾
  • 目玉FPはケイン・ドンナルンマなど

今週のFPガチャシリーズ過去記事一覧はこちら

関連記事
歴代のFPガチャは(↓)の記事にまとめていますので興味のある方はぜひ。

ウイイレ2020のFPガチャ総まとめ ウイイレ歴代のFPガチャ総まとめ【今週のFPガチャシリーズ】