「FPイサク・FPフンメルス・FPベリンガム」今週(8/26)のPOTW(週間FPガチャ)能力値まとめ【ウイイレ2021】

ウイイレ2021 PS4版&アプリ版】8月26日(木)のFPガチャ情報です。

先週に引き続き、今週もKonami Cup Home V Awayに関するPOTWガチャが登場しています。

今回が第5弾。

おすすめ度
(4.0)

FPイサク・FPフンメルス・FPベリンガム・FPセルロートなどは今の時期でもかなり面白いFPになっていますので、興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

以下、8月26日POTWで登場したFPの細かい能力値です。

MEMO
※今後も同名FPが異なる能力値にて登場することがあります。また、画像はレベル1時点の能力値です。★は管理人独自のあくまでゲーム内における評価です

FPラングレのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPラングレはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • ヘディング・ディフェンスセンス・ボール奪取が+6
  • それ以外は+3ずつ

守備・フィジカル・スピード・空中戦と能力値のバランスが程よいCBとなっています。

今回は守備力が大きく強化。

最強クラスまではいきませんが、育てると総合力のあるCBへと成長するのでまだウイイレを始めたばかりでCBがいない方に結構おすすめな存在です。

FPラウタロマルティネスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPラウタロマルティネスはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • ボールコントロール・決定力・キック力が+7
  • それ以外は+3ずつ

オフェンスセンス・決定力が高く、シュート系スキルを豊富に持っているのが特徴です。

ドリブルが出来て逆足が得意なのも魅力の1つ。

現在23歳と若く、育成するとドリブル系能力値も充分な数値まで伸びるCFとなっています。

ドリブルできるラインブレイカータイプが好きな方向けですね。

FPフンメルスのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPフンメルスはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • フライパス・アグレッシブネスが+6
  • ディフェンスセンスが+5(カンスト)
  • それ以外は+3ずつ

守備力・フィジカルコンタクトが優秀なのはもちろんですが、FPフンメルス最大の特徴がパス値の高さ

CBとしてはトップクラスのパスを出せるのが魅力ですね。

スピード値はそこまで高くないのでFPフンメルスを起用する場合は相手の裏抜けをこまめにケアする必要があるかもしれません。

それでも、今の時期でスタメン起用しておかしくないだけの強さがあります。

7月1日のPOTW(週間FPガチャ)以来の登場に。

FPベンタンクールのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPベンタンクールはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • フライパス・ボール奪取・アグレッシブネスが+8
  • それ以外は+5ずつ

パス値・キックの高さとパス系スキルの豊富さが魅力の選手です。

高精度なパスを繰り出せますし、パス以外の能力値も平均的に高いので攻守に使いやすいFPとなっています。

現在23歳で最大レベル上限はやや高め。

今回守備力が大きく伸びていることもあり、育てると守備の面でも頼れるCMFへと成長します。

FPイサクのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPイサクはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • オフェンスセンス・決定力・キック力が+10
  • それ以外は+6ずつ

スキル:スーパーサブ持ちの若手ラインブレイカーなのがFPイサクです。

CFとしてオフェンスセンス・決定力・キック力が優秀で、その上でスピード・フィジカル値も素晴らしいのがFPイサクの魅力。

最大レベル上限も40近くまで伸びるので、育成することで怪物級のラインブレイカーCFが誕生します。

身長も190cm超えとロマンあふれるFPで間違いありません。

特に、

FPホーランドが欲しかったけどGET出来なかった・・

という方には最高におすすめなFPです。

FPホーランド(7月19日のFPガチャ)(↓)

また、前回登場時(2月25日POTW↓)より強化値が高いのも素晴らしい点ですね。

イサクの欠点をあげるとするならばコンディション安定度4な点とスキルが少し寂しい点ですが、これらがほとんど気にならないレベルに超優秀なラインブレイカーFPとなっています。

FPフロイラーのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPフロイラーはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • グラウンダーパス・フライパス・アグレッシブネスが+8
  • それ以外は+5ずつ

パスの上手さ・守備力の高さが特徴のCMFです。

今回大幅に強化されたため、CMFとしては非常に守備力が優秀な数値になりました。

スピード・フィジカル値も良い感じなのでかなり使いやすい部類に入るFPかと。

FPミランチュクのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPミランチュクはプレースタイル:チャンスメイカーのOMF

  • オフェンスセンス・ドリブル・ボールキープが+8
  • それ以外は+5ずつ

足元の上手さとスピード値が特徴のOMFです。

オフェンス系能力値が全般的に高く、アシスト系スキルも豊富に所持しているので攻撃面で役立つFPとなっています。

様々なポジションもこなせます。

FPディエゴジョレンテのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

FPディエゴジョレンテはプレースタイル:オーバーラップのCB

  • ヘディング・フィジカルコンタクト・ディフェンスセンスが+8
  • それ以外は+5ずつ

ヘディング・ジャンプ値の高いCBです。

今回+5ベースで強化されたため、CBとしては瞬発力がかなり優秀な数値となりました。

身長186cmで中盤のポジション適正アリ。

FPセルロートのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPセルロートはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • 決定力・ヘディング・瞬発力が+8
  • それ以外は+5ずつ

先ほどのFPイサクと似てるタイプなのがFPセルロートの特徴です。

  • 高身長(195cm)
  • スピードとフィジカルの両方が優秀
  • スキル:スーパーサブ持ちのラインブレイカー

とイサク・ハーランドに似た感じの使用感なので、今作にウイイレではかなり強いFPとなっています。

イサクよりも最大レベル上限は低いものの、瞬発力・フィジカルコンタクト・ヘディング・ジャンプ値辺りはセルロートの方が優秀です。

そのためクロスの合わせ先としてはイサクよりも合っているかと思います。

もちろん、FPイサクとFPセルロートどちらも超優秀なスーパーサブ持ちFPなのは間違いないので、このタイプのFPが欲しい方は今回のFPガチャをぜひ引いてみて下さい。

同タイプ3選手の比較

FPブラボのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

FPブラボは今回のゴールキーパー枠です。

  • プレースタイル:攻撃的GK
  • スキル:低弾道パントキック持ち
  • コンディション安定度:3
  • 身長:184cm

チリ代表・バルセロナ・シティなどでプレーした経験豊富なGKです。

現在38歳。

今回通常版からGK能力値が爆上がりしているため圧倒的に使いやすくなって登場しました。

今作初登場なのでブラボ好きの方はぜひ。

FPベリンガムのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPベリンガムはプレースタイル:2列目からの飛び出しのCMF

  • ボールキープ・ボール奪取・アグレッシブネスが+8
  • それ以外は+5ずつ

現在17歳の若手選手なのがFPベリンガムの特徴です。

その最大レベル上限はなんと68

育成はかなり大変ですが、育てると(↑)から各能力値が+11ぐらいずつ成長するものとお考え下さい。

プレースタイルも優秀な2列目からの飛び出しなのも嬉しい点ですね。

育てると攻守に非常に使いやすいCMFとなるので、興味のある方はぜひ。

まとめ

  • Konami Cup Home V Awayに関するPOTWガチャの第5弾
  • 目玉選手はFPイサク・FPフンメルス・FPベリンガム・FPセルロートなど

今週のFPガチャシリーズ過去記事一覧はこちら

関連記事
歴代のFPガチャは(↓)の記事にまとめていますので興味のある方はぜひ。

ウイイレ2020のFPガチャ総まとめ ウイイレ歴代のFPガチャ総まとめ【今週のFPガチャシリーズ】