「若手・初登場FP多め」今週(8/12)のPOTW(週間FPガチャ)能力値まとめ【ウイイレ2021】

ウイイレ2021 PS4版&アプリ版】8月12日(木)のFPガチャ情報です。

今週も「Konami Cup Home V Away」を対象としたPOTWが登場しています。

今回が第3弾。

おすすめ度
(3.0)

この時期のFPガチャながらも初登場のFPが多くいるのでぜひチェックしてみて下さい。

以下、8月12日POTWで登場したFPの細かい能力値です。

MEMO
※今後も同名FPが異なる能力値にて登場することがあります。また、画像はレベル1時点の能力値です。★は管理人独自のあくまでゲーム内における評価です

FPサパタのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPサパタはプレースタイル:ボックスストライカーのCF

  • ボールコントロール・決定力・キック力が+7
  • それ以外は+4ずつ

オフェンスセンス・決定力・スピード・フィジカルの優れた大型CFでスキル:スーパーサブ持ちなのが特徴です。

前作はプレースタイル:ポストプレイヤーのスーパサブとして有名でしたが、今作はボックスストライカーのスーパーサブなので前作とはまた一味違った使用感になります。

能力値自体は間違いなく優秀ですし、ボックスストライカーのスーパーサブは意外と数が少ないのでこのタイプのFPは1人持っていて損はないかと。

今回決定力・フィジカル値が90後半まで伸びるのが素晴らしい点ですね。

過去回(2月22日アタランタCS↓)よりも強化値高めで登場しています。

FPモラタのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPモラタはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • オフェンスセンス・瞬発力・キック力が+8
  • それ以外は+5ずつ

ラインブレイカーかつスキル:スーパーサブ持ちなのが最大の特徴です。

後半から途中出場させることで真価を発揮するタイプ。

パスからの抜け出しはもちろん、ドリブルでもするするっと抜けていく動きを魅せてくれるCFとなっています。

育成するとスピード・フィジカルの両方を兼ね備えたラインブレイカーへと成長するので、今作も能力値以上に強く感じる有能FPで間違いありません。

まだ今作のFPモラタを持っていない方には大当たりFPかと。

FPナバスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPナバスは今回のゴールキーパー枠です。

  • プレースタイル:攻撃的GK
  • スキル:低弾道パントキック持ち
  • コンディション安定度:6
  • 身長:185m

GK能力値はもう充分すぎるくらいの能力値となっています。

ナバス好きの方はぜひ起用してみて下さい。

FPワイナルドゥムのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPワイナルドゥムはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • オフェンスセンス・決定力・アグレッシブネスが+7
  • それ以外は+4ずつ

前作ウイイレ2020から今作ウイイレ2021で金から黒に昇格した選手です。

スキル:チェイシング・ワンタッチパス・インターセプトなどの優秀なスキル持ち。

元々は攻守両方こなせる万能型CMFですが、今回のFPワイナルドゥムは攻撃面で良さのある強化具合に。

決定力が大きく伸びており、CMFとしてはかなり優秀な数値となっています。

FPアンドレシウヴァのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPアンドレシウヴァはプレースタイル:ボックスストライカーのCF

  • オフェンスセンス・決定力・ヘディングが+8
  • それ以外は+5ずつ

全体的にバランスの良い能力値構成のボックスストライカーなのが特徴です。

スピード・瞬発力・フィジカル・ボディコントロールとこの辺りが軒並み高いのでかなり動かしやすいCFとなっています。

この時期にして待望の初登場FPに。

シュート系スキルが豊富なうえに今回決定力が大きく伸びたため、得点力に関しては申し分ありません。

FPブロゾヴィッチのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPブロゾヴィッチはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • ボールキープ・グラウンダーパス・フライパスが+7
  • それ以外は+3ずつ

ブロゾヴィッチは先ほどのワイナルドゥム同様、今作で金から黒に昇格した選手です。

キックが上手く、高精度なパス・アシストを出せるのが魅力のCMFとなっています。

久しぶりの登場で過去回(2月15日インテルCS↓)よりも強化値が高めで登場しています。

FPブカヨサカのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPブカヨサカはプレースタイル:ウイングストライカーのLMF

  • ドリブル・フライパス・瞬発力が+9
  • それ以外は+6ずつ

スピード特化の快速サイドアタッカーでパス値が高く、スキル:ワンタッチパスを持っているのが特徴の選手です。

現在19歳と非常に若く最大レベル上限が高いのも魅力の1つ。

本職LMFの他にLWG/LSBと左サイド全般をこなすことが出来ます。

SBもこなせるという特性上、サイドアタッカーとしては守備力が比較的高いので育成すると攻守に活躍できるFPへと成長します。

今作はアーセナルCSで3回ほど登場しましたが、その際よりも高い強化値で登場しています。

FPフロリアンノイハウスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPフロリアンノイハウスはプレースタイル:プレーメイカーのCMF

  • ボールコントロール・グラウンダーパス・ボール奪取が+8
  • それ以外は+5ずつ

足元の上手さとパス値の高さが魅力のCMFです。

特にパス系スキルに関しては非常に優秀なものがそろっています。

現在23歳と若くて最大レベル上限はやや高め。

FPクルトズマのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPクルトズマはプレースタイル:ハードプレスのCB

  • ボール奪取・アグレッシブネス・スタミナが+7
  • それ以外は+4ずつ

身長190cmでCBとしてはスピード値が優秀なのが特徴の選手になります。

空中戦に強く、またスキル:アクロバティッククリア持ちなので相手のクロスボールへの対処はかなり期待できるのが強みです。

今回は守備力が大きく強化。

最近始めたばかりで「まだCBに良い人材がいない」という方にとってにはかなりおすすめのFPですね。

レジェンドのキャンベル(↓)とどことなく似ている感じの能力値構成であり、そう考えるとFPクルトズマもかなり良い使用感になるかと思います。

FPデミラルのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPデミラルはプレースタイル:ハードプレスのCB

  • フィジカルコンタクト・ディフェンスセンス・アグレッシブネスが+7
  • それ以外は+4ずつ

身長190cmの大型若手CBなのがFPデミラルの特徴です。

アグレッシブネス・フィジカル値の高さが魅力になります。

現在22歳と若く、育成することで総合力のあるCBへと成長します。

前回の登場は4月19日ユヴェントスCSより。

FPディヴェーフのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPディヴェーフはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • スピード・ディフェンスセンス・ボール奪取が+9
  • それ以外は+6ずつ

21歳で身長193cmの若手CBです。

今回スピード値が+9と爆上がりしており、本職CBの選手としてはトップクラスのスピード値となりました。

LSBの薄いポジション適正があり、LSBとしても起用しても優秀です。

最大レベル上限が40と高く、育成するとスピード面はもちろんそれ以外の能力値も充分な数値まで伸びるのでデカくて速いタイプのCBが欲しい方はぜひ。

まとめ

  • Konami Cup Home V Awayに関するPOTWガチャの第3弾
  • 目玉選手はFPモラタ・FPクルトズマなど

今週のFPガチャシリーズ過去記事一覧はこちら

関連記事
歴代のFPガチャは(↓)の記事にまとめていますので興味のある方はぜひ。

ウイイレ2020のFPガチャ総まとめ ウイイレ歴代のFPガチャ総まとめ【今週のFPガチャシリーズ】