⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

PS4体験版で面白かったおすすめソフト6選【プレイ済みオンリー】

PS4の体験版はたくさん配信されてるけど、何がどれぐらい面白いのかわからない」

という方もいらっしゃるかと思います。

体験版はほぼすべて無料配信されていますが、中にはお金を出しても良いぐらいの素晴らしい体験版も。

そこで今回はPS4のおすすめ体験版について紹介します。

※実際にプレイしたものオンリーでの紹介なので、管理人の好みが強めです
※現在では体験版の配信が終了してしまったものもあるかもしれません
スポンサーリンク

ニーアオートマタの体験版

5

体験版から製品版を購入しました
1人用PS4ゲームではトップクラスの作品です

私が1番面白く感じたのがこの【ニーアオートマタ

体験版のボリュームはおよそ1時間ほど。

ニーアオートマタのいわゆる序章的なところまでプレイ可能となります。

操作も快適ですし、ボスとの緊張感ある戦いも存在。

序章だけですが、それでも物語はかなり作り込まれています。

ニーアオートマタは完全版の登場で安くなった

2018年までは中古も非常に高額だったのですが、2019年以降はお買い求めやすくなっています。

理由は、2019年2月にニーアオートマタの完全版【PS4ソフト】が販売されたため。

完全版では、従来のニーアオートマタにDLCとゲーム内アイテムの特典が加わっています。

関連記事【ネタバレなし】PS4屈指の高評価ゲーム「ニーアオートマタ」のレビュー

GRAVITY DAZE(グラビティデイズ)1・2

4.5

・操作感抜群
・重力という独自コンテンツが面白い

GRAVITY DAZEも体験版の中ではかなり面白い部類に入ります。

ちなみにグラビティダゼではなく、グラビティデイズと読みます。

グラビティデイズもニーアオートマタ同様、是非自分の手で実際にプレイしてみて欲しい作品になります。

というのも、グラビティデイズは主人公の重力を操作することができ、エリアを立体的にそして自由気ままに動き回ることができるため。

実際に操作してみた時の快感は半端ないです。

体験版自体は30分あればクリアできるのでボリュームは少な目。

ですが、プレイし終えたあとの満足度は高いかと思います。

グラビティデイズシリーズについて

こちらはシリーズ作品です。

タイトルは以下の通り。

1.GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
2.GRAVITY DAZE 2

元々はプレイステーションVITAの作品でしたが、かなりの反響があったためPS4版も登場。さらには続編の2も発売というような流れです。

ウイイレ2019体験版

ウイイレ攻略カテゴリー

4

・毎年プレイ中
・基本プレイ無料版も登場済み

ウイイレ2019はコナミのサッカーゲームです。

毎年8月~9月にかけて販売されている大人気シリーズになります。

当ブログは別名「ウイイレブログ」といっても言いぐらい、ウイイレ記事を書いているのでウイイレ体験版もこの機会に紹介させて下さい。

体験版は、毎年製品版の発売1か月ほど前にプレイできるようになっています。

ウイイレ2019体験版では、ウイイレ体験版初のCOOPプレイというものが搭載されています。

※COOP=味方との協力プレイ

ウイイレのCOOP(協力)プレイについて

サッカーゲームというと、みなさん1対1を想像するかと思います。

しかし最近では3対32対2といった試合モードが登場し、プレイヤー同士で協力してサッカーゲームをするという流れが出来てきました。

eスポーツでもこのCOOP部門が採用されているぐらい、人気があります。

体験版では基本COMと組んでCOOPという形になりますが、もしも協力プレイに興味が出てきたらLITE版のダウンロードがおすすめです。

LITE版はいわゆる基本プレイ無料のウイイレなので、無料でCOOPのオンライン対戦を楽しめます。

有料要素はガチャなど

関連記事

ウイイレ2019製品版とLITE(無料版)の違い【メリット・デメリット

ウイイレ2019LITE版のダウンロード方法

ウイイレ攻略カテゴリーへ移動する

バイオハザード7の体験版

4

・ファミリーパンチ
・家族になろうよ(福山雅治)

これまでたくさんのPS4の体験版が配信開始されましたが、配信開始と同時に最も盛り上がったのがバイオハザード7だと思います。

理由は誰一人クリアルートに到達できなかったため。

実は体験版の配信当時は生存ルートがありませんでした。

どんなに隅々まで探検したり頑張っても、最後には殴られてゲームオーバーになるということで話題になったのがバイオハザード7体験版です。

ファミパンという単語が流行りましたね(笑)

ファミパン=ファミリーパンチ
家族になろうよ的な感じで殴られることを意味します

実際、私のフレンドでも

「まだバイオの体験版クリアできた人がいないらしいよ」

など話題に。

また、体験版の開始日にはPS4のシェア機能で配信している人がたくさんいました。

いわゆる【クリアできるまで終われまてん】的なタイトルで生配信していた人も、その全員がクリアできず敗北するという事態に。

私自身も結構隠し要素やアイテムを探し回った思い出があります。

※アップデートでルートが追加されたので、昔クリアできなかった方は是非ダウンロードしてみて下さい。

アンチャーテッドコレクション

4

・映画のような体験

・自分で主人公を操作できる

アンチャーテッドコレクションはアンチャーテッド1・2・3が収録されている作品です。

ラストオブアスでも有名なノーティドッグの製作。

★アンチャーテッドシリーズまとめ
・アンチャーテッド1(PS3)
・アンチャーテッド2(PS3)
・アンチャーテッド3(PS3)
・アンチャーテッド4(PS4)
・アンチャーテッドコレクション(PS4)(過去シリーズの1・2・3が収録)

アンチャーテッドシリーズはよく、「まるで映画のよう」という評価を受けますがまさにその通りといった感じです。

リアルなグラフィック、大味なストーリー展開、敵を退けながら宝物を探すという緊張感

これらが合わさって、実際に探検しているような体験が可能です。

個人的にはVRで出たらめちゃくちゃ面白くなるだろうなとも思っています。

蒼の彼方のフォーリズム(PS4版)

こちらはかなり人を選ぶゲームにはなってしまうのですが、個人的に結構面白かったので紹介。

4

・BGMとキャラデザがかなり良い

・素晴らしい雰囲気のゲーム

蒼の彼方のフォーリズムはいわゆるギャルゲーの部類に入ります。

テキストを読んで、たまにある選択肢に答えるのがメイン。

そのため、自分でキャラを動かしたり敵を倒したりという要素は存在しません。

ストーリー
蒼の彼方のフォーリズムの舞台では、空を飛ぶスポーツが流行っています。
そのスポーツにおいて、小さいころに挫折を経験したのが主人公(男)。
挫折からかプレイヤーではなくコーチとして最初は登場しますが、女の子の指導を通じて主人公が挫折を乗り越えるお話。

割とスポ根です(笑)

体験版の感想

ノベルゲームというと一見退屈そうに見えますが、BGMが素晴らしくとても心地良い感じでプレイできます。

また、キャラのデザインも結構可愛く、個人的にとても好きなテイストなので体験版をやってみました。

ボリュームは結構多く、1時間じゃ終わらないぐらいの量となっています。

ギャルゲーという単語では表現しづらいような、雰囲気の良さを感じるゲームだと思っています。

抵抗のない方は是非一度プレイしてみて欲しいですね。

次回記事【2018年】買って良かったPS4ソフトランキング【管理人のプレイ時間順】