⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

【ネタバレなし】PS4屈指の高評価ゲーム「ニーアオートマタ」のレビュー

PS4ソフトはたくさんのソフトが発売されています。

その中でもトップレベルに評価の高いゲームNieR:Automata(ニーアオートマタ

特に1人用ゲームとしてはペルソナ5と並び最高峰だと思います。

この記事では、

・ストーリー
・操作感
・難易度
・トロフィー
・グッズ展開

について本文で語ります。

またゲームの購入を考えている方は、ネットのネタバレを見ずにプレイすることを強くおすすめします。

※この記事はネタバレなしで構成されています
スポンサーリンク

ニーアオートマタの評価レビュー

PS4ゲームのランキングでもよく上位に上がるように、かなり評価の高いゲームです。

★Amazonでのレビューが1,000件超え
★中古でもまだまだ5000円以上(2018年現在)

などからも、ゲームの完成度がうかがえます。

・グラフィック
・音楽
・ストーリー
・キャラ設定

など、ゲームを構成する要素全てが高クオリティー。

特に廃墟のグラフィックとBGMが最高にマッチしているので、ゲームの世界にのめり込めるような作りとなっています。

ペルソナ5とはまた違ったおしゃれさがあり、秀逸なセンスのゲームかと。

個人的にはペルソナ5と並び、2017年でトップレベルに面白い1人用ゲームでした

ニーアオートマタの概要

ニーアオートマタは2017年2月に発売されたPS4ソフト。

※2018年12月追記

DLC同梱の完全版が2019年2月21日に新発売されることが決まりました

パッケージの女性をみなさん一度は見たことがあるかと思いますが、この女性が主人公になります。

ゲームではかなり珍しく、主人公の素顔が隠されています。

廃墟を探索したり敵を倒したりしながらストーリーを進めていくことになります。

シリーズものですが、今作からのプレイでも特に違和感なく遊ぶことが可能です。

前作はPS3で発売された「ニーアレプリカント」。

※PSNOWにてPS4でもプレイできます

あらすじ

【ロボットにより侵略され尽くした地球】がこのゲームの世界観。

宇宙人によるロボット侵略により人類は月へと逃げたため、地球は完全に荒廃してしまっています。

荒れ果てた地球を舞台にオープンワールドを移動可能。

主人公の女性キャラを動かしながら、工場や遊園地といった廃墟を探索しつつロボットを駆逐していくことになります。

主人公は地球が作り出したロボットです。

人類が作ったロボットで宇宙人が作ったロボットを倒していくうちに…….という物語です。

ストーリーは結構重め

操作感

操作感は三国無双に似ているイメージです。

ダークソウル等の難易度の高いゲームとは違い、敵の1人1人がそこまで強くないのが特徴。

攻撃ボタンを連打してザコ敵を薙ぎ払っていくイメージですね。

攻撃手段は刀による近接攻撃と、銃による遠距離攻撃をうまく使いこなしていきます。

銃を撃つことも対ロボットに有効。

結構スピード感のあるバトル展開になりますので、いわゆる作業ゲーとは異なります

ゲームを遊んでいて、退屈になるような場面はなかなかありませんでした。

特殊エンディングについて

このゲームの大きな特徴として、周回ごとにエンディングが異なることが挙げられます。

いろいろな観点からの複数ルートが用意されているので、クリアするたびに新しい発見があるイメージですね。

難易度やプレイヤーの腕前によりクリア時間は異なりますが、1週目は10時間ちょっとでクリアできるボリューム

プラチナトロフィーは非常に狙いやすい

PS4ゲームにしてはかなり珍しく、トロフィーがゲーム内で購入できる要素があります。

ゲーム中盤以降の機能になりますが、トロフィーをゲームアイテムのように購入することで実際にトロフィー入手できます。

プラチナトロフィーを狙うことも出来る作品でもあります。

イージーモードがあり、ストーリが進めやすい

難易度はイージーモードが用意されているので、アクションゲーム苦手な方でもクリアできるようなゲーム設定が可能です。

例:攻撃や回避をCPUがサポートしてくれるなど

ライトユーザでも楽しめる配慮がされており、さくさくプレイできると思います。

「ストーリーが気になるけど、ゲームの難易度が高くてゲームをやる気にならない」

といった心配はしなくても大丈夫です。

メタルギアのような難易度の高いゲームではない

PS4の大作ソフトである「メタルギアファントムペイン」との比較です。

メタルギアファントムペインは難易度設定がないため、ライトユーザーにはクリアまでプレイするのが難しいのと思います。

【難しくてストーリーをすすめずにゲームを投げ出す】というのがニーアオートマタにはありません。

難易度設定の点においては、ライトユーザーにもやさしいゲームシステムと言えます。

ニーアオートマタは関連グッズでも人気アリ

主人公は女の子で顔が殆ど見えません。

「だがそれがいい」なのか、キャラ人気は非常に高いです。

フィギュア化もされています。

また、ゲーム内BGMの評価も高く、サウンドトラックも発売されています。

ディスク3枚組で3時間半の大ボリュームです。

Amazonのレビューでは★5の満点です

レビュー100件越えで★5はめったにお目にかかれない商品だと思います。

サウンドトラックは「あ、ゲーム内のここの曲かぁ」となんだか落ち着くような感じがしますよね。

作業用BGMとしても素晴らしい一品かと。

他にも資料集などのニーアオートマタを150パーセント楽しむための商品が発売されているので、興味ある方は是非商品を見てみて下さい。

次回記事【2018年】買って良かったPS4ソフトランキング【管理人のプレイ時間順】