1月4日クラブセレクション「トッテナムCS」の能力値まとめ【ウイイレ2021】

ウイイレ2021 PS4&アプリ版】今週(1月4日月曜日)のFPガチャ情報です。

今週月曜日のクラブセレクションは以下の2チームが登場しています。

この記事ではトッテナムCSについて、FPガチャ詳細やFPの能力値一覧を紹介していきます。

おすすめ度
(4.5)

ケイン・ソンフンミンの優秀な攻撃陣はもちろんのこと、MF:ヌドンベレ、DF:ダビンソンサンチェスなど各ポジションに大当たり級のFPがそろっているFPガチャ回に。

シティCS同様質の高いFPガチャなので興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

過去のトッテナムCS
11月23日トッテナムCS
9月28日トッテナムCS【※PS4版】

以下、FP能力値一覧です。

MEMO
※今後も同名FPが異なる能力値にて登場することがあります。また、画像はレベル1時点の能力値です。★は管理人独自のあくまでゲーム内における評価です

FPケインのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPケインはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • 決定力+4
  • それ以外は+1ずつ

オフェンスセンス・決定力・キック力・フィジカルコンタクトの高いラインブレイカーなのが特徴です。

シュート系スキルも豊富にそろっており得点能力に関しては文句なしの一級品。

前作からの主な変更点

  1. プレースタイル:ボックスストライカー⇒ラインブレイカーに
  2. 総合値1ダウン
  3. コンディション安定度-1

前作からはプレースタイルが変わってフィジカル値の高いラインブレイカーとなっています。

その影響で使用感も前作とは大きく異なりますが、今作も依然として優秀なCFと言えますね。

ケイン好きな方には間違いなく当たりFPですし、まだ始めたての方にはエースFWとしてぴったしな即戦力となってくれるはずです。

FPソンフンミンのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPソンフンミンはプレースタイル:インサイドレシーバーのLMF

  • オフェンスセンス+4
  • それ以外は+1ずつ

<インサイドレシーバー>
サイドから中に入ってパスをもらう動きをします。
有効なポジション:RWG/LWG/RMF/LMF

<ウイングストライカー>
タッチライン際でパスを持ち、中へのドリブルを狙います。
有効なポジション:RWG/LWG

快速ドリブラーで特に決定力の高さが魅力のサイドアタッカーなのがFPソンフンミンの特徴です。

前作からの大きな変更点は、

前作からの主な変更点

  1. ポジションLWG→LMF
  2. コンディション安定度-1

の2点。もちろん今作LMFだけでなくLWGでも高い能力を発揮してくれます。

LMFとしてみると決定力はトップクラス

LMF/LWGだけでなくCF/STでの起用もできます。

今シーズンは全FPの中でも特にライブアプデにも強いのがFPソンフンミンの魅力でもありますね。

特にLMF/LWGありのフォーメーションの方ならば持っていて損のないFPで間違いないでしょう。

ただあまりにも調子が良いので、今後もしかするとPOTW(週間FP)で決定力などもっと強化された、今回のCSを超えるFPソンフンミンPOTW版が出るかもしれません。

FPダビンソンサンチェスのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPダビンソンサンチェスはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • ボール奪取+6
  • それ以外は+3ずつ

守備・フィジカルが強く、その上で足の速さが素晴らしいCBなのがFPダビンソンサンチェスの特徴です。

身長は187cm

惜しむらくは前作からRSBのポジション適正が失われている点でしょうか。

それでもCBとして非常に優秀ですのでCBにまだ人材が足りなかった方には大当たりの存在に。

ちなみに通常版のダビンソンサンチェスも有能金なのでトレード・スカウトで獲得できる余裕のある方におすすめです。

また、CBの選手はPOTWにはなかなか選ばれづらいのでFPダビンソンサンチェスが欲しい方は今回のトッテナムCSはかなりの狙いどころかと思います。

FPヌドンベレのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPヌドンベレはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • ボールコントロール+6
  • それ以外は+3ずつ

身長181cmとそこまで高いわけではありませんが、守備力・スピード・パス・ドリブルなどなどかなり万能なCMFに。

特に嬉しいのが今回フィジカルコンタクトが大きく伸びた点。

今作はDF / MF / FW とどのポジションでもフィジカルコンタクトは高ければ高いほど良いので今回のFPヌドンベレは通常版よりもかなり使いやすくなっての登場となりました。

スキルは攻撃よりですが守備力も充分に高いので攻守に活躍してくれます。

ドリブル系スキルも多いのでボールを刈り取ってから運ぶことができるのも魅力ですね。

スキル:ワンタッチパス・スルーパスの両方持ちでもあります。

FPダビンソンサンチェス同様、欲しい方はこの機会にコインを使用して何とか当てておきたいところ。

FPロリスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPロリスはトッテナムCSのゴールキーパー枠です。

  • プレースタイル:攻撃的GK
  • スキル:低弾道パントキック持ち
  • コンディション安定度:5
  • 身長:188cm

前作からの主な変更点

  1. クリアリングが大幅に強化
  2. コンディション安定度-1

前作のFPロリスはクリアリングが低い特徴を持つGKでしたが、今作では通常版の段階でクリアリングが高い仕様になっています。

そのため今作のFPロリスはコンディション安定度が1下がってしまったものの、GK関連能力値はバランスが良くて隙のないGKに。

ロリス好きの方は1年中起用できますし、他の方もライブアプデAの時はぜひ起用してみて下さい。

FPムサシソコのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPムサシソコはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • ドリブル+6
  • それ以外は+3ずつ

身長187cmと中盤の選手としてはやや大きめで、スピード・フィジカル値が高いのが魅力の選手です。

またアグレッシブネスも非常に高いのが嬉しい点。

このタイプは今作かなり使いやすく、総合値以上に強く感じるかと思います。

今回同じポジション・同じFPガチャ内にいるFPヌドンベレと比較すると、

  • FPヌドンベレ:決定力・ディフェンスセンス・ボール奪取・瞬発力・パス系ドリブル系スキル
  • FPムサシソコ:スピード・アグレッシブネス・フィジカルコンタクト・スタミナ

がそれぞれ優れているという感じですね。

使用感は微妙に変わってきますが、ぶっちゃけどっちも今作の環境だとかなり使いやすいFPなのでぜひ起用してみて下さい。

FPダイアーのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

FPダイアーはプレースタイル:ハードプレスのCB

  • ヘディング+7
  • それ以外は+4ずつ

中盤からDFラインまでこなせるのがFPダイアーの特徴です。

身長188cmでフィジカルコンタクト・アグレッシブネスが高いのが魅力。

通常版はスピードに不安要素がありましたが、今回+4ベースの強化なので通常版よりもかなり使いやすくなっています。

FPホイビュアのウイイレ2021能力値

評価
(3.5)

FPホイビュアはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • アグレッシブネス+7
  • それ以外は+4ずつ

パス値の高さ・パス系スキルの豊富さ・キック力の高さが魅力の選手です。

短いパスはもちろんロングパスも面白い軌道のパスが出せるCMFとなっています。

両SBの薄いポジション適正アリ。

全体のまとめ

  • 今週はトッテナム・マンチェスターシティのクラブセレクション
  • トッテナムCSの目玉選手はFPダビンソンサンチェス・FPヌドンベレ・FPケイン・FPソンフンミンなど

今週のFPガチャシリーズ過去記事はこちら

関連記事
歴代のFPガチャは(↓)の記事にまとめていますので興味のある方はぜひ。

ウイイレ2020のFPガチャ総まとめ ウイイレ歴代のFPガチャ総まとめ【今週のFPガチャシリーズ】

また、9月~12月登場の最強FP集もまとめてみましたのでぜひ(↓)

「持っていれば神引き」ウイイレ2021最強FPをポジション別にピックアップ!【9月~12月】