⇒PS4のおすすめ周辺機器10選+α!

【ウイイレ】遂にFP香川真司がスーパサブ付きで登場。能力値や各ポジション時の総合値を紹介

日本人の多くの方が待ち望んでいた日本人FPがようやく再登場。

過去の日本人FPは中島翔哉やFP堂安律など。

今週は2018ロシアW杯のコロンビア戦で先制PKを決めた日本の10番、香川選手がようやくFPとして登場します。

【FP香川】について、以下で紹介します。

スポンサーリンク

ウイイレ2019FP香川の能力値

登録ポジションはOMF。

レベル30時の総合値は86のため、香川選手は黒玉FPになります。

最大レベル上限は46

ポジショントレーナー(ポジション適正向上)はの上限は3つ【LWG/RMF/DMF】

スキルトレーナーの空き枠アリ

能力値詳細

 

※上記画像は2019年3月時点です
※レベル30時点の能力値になります
※スキルトレーナーはポジショントレーナーは使用していません

通常版との違い【使用感はかなり異なります】

↓は通常版香川選手(レベル30時)とFP香川選手(レベル30時)の比較画像。

通常版香川選手よりも全体的に能力値が底上げされているのがうかがえるかと思います。

より特徴的なのは【決定力+5】【瞬発力+5】【新スキル:スーパーサブ】の3点。

この3つはどれも重要な要素ですので、通常版香川選手よりもFP香川選手の方が圧倒的に使いやすいはずです。

スーパーサブは後半から試合に途中出場させることで効果が発動します。

試合終盤で負けている時の切り札としての起用という感じですね。

決定力が80を超えているため、点を取りたい時にCMF/OMFの選手と交代させるのが良いでしょう。

各ポジションごとの総合値

レベル30時点でのFP香川選手を各ポジションに配置すると↑のような総合値になります。

DMF/RMFはポジション適正が薄いため、総合値は低く設定されています。

ポジショントレーナーを使用すると、DMFは79→81、RMFは80→82になるかと思います。

関連記事

【ウイイレアプリ】ポジション適正向上とは?使い方や獲得方法など

そしてFP香川選手をどこで起用するかですが、OMFかCMFがおすすめです。

FP香川選手の良さは、

・CMFが濃い適正&決定力80超え
・スーパーサブ
・パス能力とスキルが豊富

など。

OMFで起用する利点はチャンスメイカーが発動するところ。

逆に言うと、CMF起用だとチャンスメイカーが発動しないので注意(↓画像)

FP香川の育成について

FP香川選手を優先的に育てるのは良い選択肢だと思います。

理由はスーパーサブが付いているため。

FWでスーパーサブが付いている選手というのは結構存在しますが、OMF/CMFのスーパーサブは割とレアな存在です。

また、数少ない日本人FPなので愛着が湧く方も多いかと。

その他日本人FPは中島翔哉や堂安律など

同名選手の育成経験値

↓はPS4版の事例です。通常版香川をトレーナーにして、FP香川の育成に使用してみました。

最低でも【7200】以上の経験値がもらえます。

同名選手の場合は基本この最低値から〇倍ほどの経験値になります。

今回は45000ほどの経験値に(およそ6倍ほど)

通常版香川選手を確定スカウトで獲得し、育成のためにトレコにするという選択もアリかと。

ただ、恐らく今週は同じことを考える方も多いと考えられるため、【国籍:日本★4】【クラブ:ベシクタシュ★4】等のオークションスカウトはやや高騰するかもしれません。

関連記事

同名選手をトレーニングコーチにした場合の育成経験値