⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

【パワプロeスポーツ】プロテスト選考会に参加してみたよ【プロリーグ】

タイトルだけ見ると、

「何だこいつガチ勢かよ」

と思われるかも知れませんが、実はeスポーツというものは誰でも気軽に参加できるものなのです。

例えば今回のパワプロプロテスト選考会はソフト無料でゲームの実力問わず参加可能という大会方式。

パワプロeスポーツの詳細とプロテスト選考会に参加した感想を以下で述べていきます。

スポンサーリンク

パワプロeスポーツとプロリーグの導入

実況パワフルプロ野球(パワプロ)は昔から人気のある野球ゲームですよね。

ウイイレなどと同じように昔ながらのスポーツゲームとして、よく友達の家に集まって対戦したり兄弟と対戦したりという思い出がある方もいるかと思います。

そんなパワプロですが、eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018というプロリーグが発足されることになりました。

パワプロの腕前を競う世界大会のようなもの。

eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018に出場が決まれば、KONAMI公式さんの言葉を借りると「プロ野球eスポーツ選手」になれるのです。

こういった大会に出場することで自分の実績となり、スポンサーがつく可能性もありますし、YouTubeに動画投稿することで広告収入を得ることもかなり現実的なものとなるでしょう。

関連記事

【ゲーム実況】ゲームで稼ぐ3つの方法を考えてみた【ゲームブログ】
...

実際、2018年2月に発足された日本のeスポーツ団体のJeSU認定タイトルになることも十分考えられます。

JeSU認定タイトルになると一般社団法人(JeSU)からのプロゲーマーライセンスが発行され、名実ともにプロゲーマーになれる時代がもうすぐそこに来ています。

今回はプロテスト選考会という誰でも可能なオンライン予選が開催されていたので、私も実際に参加してみました。

【パワプロeスポーツ】プロテスト選考会に参加してみた

プロテスト選考会という名前を聞くと何だかお堅いイメージがありますね。

しかし、無料で誰でも参加可能なお祭りのようなものと考えて欲しいと私は思っています。

↑画像のように、今大会には少なくとも6500人が参加

私もパワプロの実力はほとんどありませんが今回参加しています。

eスポーツが盛り上がるためには参加母数が増えることが前提条件だからです。

その点パワプロの今回の大会は、

・無料ソフト「実況パワフルプロ野球 チャンピオンシップ2018」
・レートでの参加制限なし(足きりなし)

なのが非常に素晴らしい取り組みだなと感じました。

プロテスト選考会への具体的な参加方法

まずソフトをダウンロードしましょう。

PSストアの【基本プレイ無料】カテゴリーからソフトのダウンロードが可能です。

PSストアで「実況パワフルプロ野球 チャンピオンシップ2018」と検索してダウンロードすることも出来ます。

ゲーム起動後は、KONAMI IDとの連携が必要になります。

KONAMI IDは、PSNアカウントとは別にKONAMI公式が発行しているアカウントのことになります。

PS4のパワプロ起動中にKONAMI IDとの連携が出来ると思います。

パソコンからKONAMI IDを作成する場合はこちら

ID作成後は、KONAMI IDとPSNアカウントを連携させましょう。ここでようやくプロテスト選考会に参加できます。

ライブパワプロ→【大会に参加する】→【プロテスト選考会】を選択することで参加可能です。

パワプロeスポーツ大会の予選に参加した感想

私はパワプロをやったのは10年ぶりぐらい。

パワプロ9,10,11あたりをゲームキューブで良くプレイしていた思い出があります。OPの良さやサクセスにハマっていましたね。

それ以来なので、基本操作こそわかりますが、今回めちゃくちゃ苦戦しました。というより1勝も出来ませんでした(笑)

ただやはりグラフィックの進化に驚きましたし、何よりeスポーツにあっさりと参加できたのが楽しかったですね。