4月26日クラブセレクション「ミランCS」の能力値まとめ【ウイイレ2021】

ウイイレ2021 PS4&アプリ版】今週(4月26日月曜日)のFPガチャ情報です。

今週月曜日のクラブセレクションは以下の4チームが登場しています。

この記事ではミランCSについて、FPガチャ詳細やFPの能力値一覧を紹介していきます。

おすすめ度
(4.0)

過去のミランCSはこちら
2月15日ミランCS
12月21日ミランCS
10月12日ミランCS

以下、FP能力値一覧です。

MEMO
※今後も同名FPが異なる能力値にて登場することがあります。また、画像はレベル1時点の能力値です。★は管理人独自のあくまでゲーム内における評価です

FPドンナルンマのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPドンナルンマはミランCSのゴールキーパー枠です。

  • プレースタイル:攻撃的GK
  • スキル:低弾道パントキック持ち
  • コンディション安定度:7
  • 身長:196cm

ウイイレでは数年前からずっと若手の優秀GKとして有名なドンナルンマは今作も最高峰の強さを誇ります。

IM(アイコニック)のGKともスタメン争いできるFPの中では文句なしの最強クラスGKです。

まだFPドンナルンマを持っていない方は今回GETする大チャンス。

FPイブラヒモヴィッチのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPイブラヒモヴィッチはプレースタイル:ポストプレイヤーのCF

  • オフェンスセンス+5
  • それ以外は+2ずつ

身長195cmと非常に大柄なCFなのがFPイブラヒモヴィッチの特徴です。

ヘディングシュートだけでなく、遠目からの強烈なミドルシュートが撃てるのも魅力の1つ。

イブラヒモヴィッチはPS4版のドンナルンマと同様にウイイレ2021開始時点では金降格扱いでしたが、後々のアプデで再度黒玉に返り咲きました。

なので今作序盤に出たFPイブラヒモヴィッチ(↓)と今回のFPイブラヒモヴィッチは微妙に能力値が異なります。

ただ結局のところアプデ前・アプデ後どちらも優秀なことには変わりないので、クロス攻撃が好きな方には非常におすすめのFPですね。

スキル:ピンポイントクロス持ちのウインガー・サイドバックとのシナジーは抜群。

ライブアップデートにも強いので今回GETできた方はぜひ。

FPテオエルナンデスのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPテオエルナンデスはプレースタイル:インナーラップサイドバックのLSB

  • キック力+7
  • それ以外は+4ずつ

前作からコンディション安定度+4とFPによる強化よりも大きな恩恵を受けたのがテオエルナンデスの特徴です。

快速SBというだけでなく、

FPテオエルナンデスの魅力

  • フィジカル値がSBとしては優秀
  • 身長も184cmとSBとしては高め
  • 最大レベル上限もやや高め

など、数多くいるSBの中でもかなり使いやすい部類のFPへと仕上がっています。

DFながらもディフェンスセンスよりオフェンスセンスの方が高いというちょっと面白い特徴を持った選手でもありますね。

より攻撃的なSBを求めている方向け。

FPシモンケアーのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

FPシモンケアーはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • アグレッシブネス+7
  • それ以外は+4ずつ

身長190cmの大型CBなのが特徴です。

今回アグレッシブネスが大きく伸びており、守備力・フィジカルコンタクトに優れたCBとなっています。

FPケシエのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPケシエはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • 決定力+8
  • それ以外は+5ずつ

CMFとしてはフィジカルコンタクト・アグレッシブネスが非常に高いため、特に守備面において素晴らしい活躍を魅せてくれるのがFPケシエの特徴です。

DMF並みの高い守備力で自陣を守ってくれます。

そして今回は決定力が大きく伸びているため攻撃面でも良さを出せるFPに仕上がっているのが魅力ですね。

最大レベル上限もやや高めなので育成すると非常に良い使用感に。

コンディション安定度が4と少し不安要素ではありますが、能力値自体は今作優秀な数値です。

※いつぞやのアプデにて、ケシエのコンディション安定度は4から5へと上がっていました。

PS4版で序盤に出たFPケシエ(↓)は金FPだったのでその時のFPとは今からでも交換する価値はあるでしょう(能力値も微妙に異なっています)

FPトナーリのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPトナーリはプレースタイル:プレーメイカーのDMF

  • ディフェンスセンス+8
  • それ以外は+5ずつ

能力値のバランスがよく、現在20歳と若くて最大レベル上限が高いのが特徴の選手です。

キック力の高さとパス系スキルの豊富さが魅力。

育成することで何でもできるプレーメイカーへと成長します。

FPカスティジェホのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

FPカスティジェホはプレースタイル:インサイドレシーバーのRWG

  • 瞬発力+7
  • それ以外は+4ずつ

スキル:スーパーサブ持ちの快速ウインガーなのが特徴です。

ドリブル値だけでなく、パス値もウインガーとしては高めの数値となっています。

FPフィカヨトモリのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPフィカヨトモリはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • ディフェンスセンス+9
  • それ以外は+6ずつ

今回+6ベースの大幅強化により、CBとしては非常に足が速いFPになったのが魅力です。

特に瞬発力がレベル1時点で87というのはCBトップクラスの数値となっています。

現在23歳と若くて最大レベル上限が高いので、育成することでスピードはもちろん、フィジカル・守備力にも優れたCBへと成長します。

RSBの濃いポジション適正もあり、RSBとしても非常に優秀な存在ですね。

全体のまとめ

  • 今週はチェルシー・レアル・ミラン・トッテナムのクラブセレクション
  • ミランCSの目玉選手はFPドンナルンマ・FPイブラヒモヴィッチ・FPケシエなど

今週のFPガチャシリーズ過去記事はこちら

関連記事
歴代のFPガチャは(↓)の記事にまとめていますので興味のある方はぜひ。

ウイイレ2020のFPガチャ総まとめ ウイイレ歴代のFPガチャ総まとめ【今週のFPガチャシリーズ】

また、9月~12月登場の最強FP集もまとめてみましたのでぜひ(↓)

「持っていれば神引き」ウイイレ2021最強FPをポジション別にピックアップ!【9月~12月】