⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

【ウイイレ2019】おすすめ有能金ディフェンダー編【CB/LSB/RSB】

ウイイレ2019(PS4&アプリ)のポジション別おすすめ有能金シリーズ第2弾。

今回はディフェンダーを紹介します。

今作ウイイレ2019はFPガチャの影響により、金や銀の有能選手の出番は減ってしまっているのが正直なところ。

ぶっちゃけ、今作は有能金選手を頑張って獲得&育成するのはあまり割りに合わないかと思います。

なのでこの記事は、

「FPは何か好きになれないだよなぁ」
「縛りスカッドを作りたい」

という方向けです。

おすすめ有能金シリーズ
おすすめ有能金GK
・おすすめ有能金DF(この記事)
・おすすめ有能金MF(作成中)
・おすすめ有能金FW(作成中)

※この記事の画像は2019年2月大型アプデ後の能力です
※能力はレベル30時点になります
スポンサーリンク

【ベジェリン】PS4版で1番おすすめのスピードスター

5

・スピードと瞬発が99まで成長

・アーセナル所属

・相手の快速FP対策に

まずはアーセナル所属のベジェリンです。

ベシェリンは特にPS4版ユーザーにおすすめします。

結構有名な選手ですし、対戦相手でもよく見かけることがあるかと思います。

ベジェリンの魅力はスピードと瞬発力にあります。

ノーマル(=FPじゃない)の選手でスピードと瞬発力がカンストするのはかなり珍しい事例となっています。

特にベジェリンの場合は、DFなのにスピードと瞬発がカンストするというだけでかなりの希少価値があります。

今作は相手の快速FPとスピード勝負になる場面が多いので、足の速いサイドバックは毎試合ありがたみを実感できるでしょう。

ベジェリンの魅力は別途個別記事にしています。

関連記事

【ウイイレ】ベジェリンが有能金サイドバックである理由【FPも当たり】

【デリフト】ウイイレアプリで1番おすすめ

5

・最大レベル上限76

・19歳でアヤックスの主力

・ライブアップデート良好

ウイイレ2019において、金CBとして1番おすすめするのがこのマタイスデリフト。

ドリフトは特にアプリ版でおすすめします。

ドンナルンマやムバッペと同様、将来を有望視されている若手選手。

ビッグクラブへの移籍も噂されており、将来的な黒玉も十分考えられます。

ウイイレ2019での年齢は19歳。

そのため、最大レベル上限76とかなり成長するのが特徴となります。

レベルマックス(LV76)まで育てると総合値が92に。

ディフェンス能力はもちろん、スピードやパス系能力も申し分なく、金の選手の中では最高峰に強くなると言っても過言ではありません。

その他メリット

・ライブアップデート良好
・インターセプト持ち

欠点

・レベルマックスまでの育成が大変

詳しくは別途個別記事を作成しています。

関連記事

ウイイレ2019での最強金センターバック(CB)はデリフトだと思う【FPならば大当たり】

【ジョーゴメス】DFラインを全てこなせる快速金CB

5

・最大レベル上限65

・LSB/RSB/CBが可能

・DFでは足がかなり速い

デリフトの次におすすめな金センターバックがジョーゴメス。

リヴァプール所属の若手選手になります。

ウイイレ2019時点で21歳でして、最大レベル上限は65。

上記画像の通り、デフォルトでDFラインを全てこなせるのも特徴です。

足が速いのでサイドバックとしても十分活躍してくれます。

個人的に好きなのが【プレースタイルなし】の点。

・CBの【オーバーラップ】
・SBの【攻撃的サイドバック】

などなど、DFのプレースタイルは割と欠点があるものも存在します。

そのため、プレースタイルなしはデメリットではないと個人的には感じています。

また、ポジショントレーナー(=ポジション適正向上)を使用すると、中盤でも起用が可能です。

中盤で起用すると、中盤選手としては守備能力と足の速さがずば抜けています。

オフェンス系能力はそこまでなので、守備専のCMFとしての起用になりますが、選択肢としては割りとアリかと。

【ソクラティス】黒玉並みの鉄壁DF

5

・守備能力は黒玉級

・スピードも問題なし

・アーセナル所属

金のCBは、

・デリフト
・ジョーゴメス
・ソクラティス

辺りがおすすめです。

ソクラティスはドルトムントで香川選手と共にプレーした経験のある選手です。

現在ではアーセナルに所属しています。

国籍はギリシャでして、2014ブラジルW杯では日本代表とも対戦。

日本対ギリシャはギリシャが前半で1人退場者を出しましたが、ソクラティスとマノラスの固いCB陣を崩せず、0対0に終わっています。

能力について

そんな感じでソクラティスは日本だとかなり有名な選手です。

もちろん知名度だけでなく、ウイイレでの能力も非常に優れています。

守備能力が全体的に高く、その上で今作大事なスピードもあるのが特徴です。

一部の黒玉CBよりも優秀なので、トレード機能や確定スカウトで獲得した方もいるかと思います。

ただし、パス・ドリブルなどの能力値は割りと低いため、ソクラティスがボールを持っている時はよりセーフティなプレーが求められます。

オフェンス系能力は微妙ですが、守備に関しては金選手でもトップクラスなので是非採用してみて下さい。

【キンペンべ】パリサンジェルマンのスタメンDF

4.5

・最大レベル上限55

・PSGでスタメン

・スピードのあるDF

LSB/CBをこなせる若手DFなのがキンペンべ。

スピード80超えも魅力ですが、最大の魅力は試合での調子が良好になりやすいところ。

・コンディション安定度6
・23歳ながらPSGでスタメン

という特徴があります。

特にPSG(パリサンジェルマン)はフランスリーグでは最強チームとして君臨しています。

2019年3月時点でのリーグ戦勝敗は【23勝2分け1敗

国内最強チームのスタメンなので、ライブアップデートでB以上になりやすいのがおすすめポイントになります。

【バレンシア】マンチェスターユナイテッドで長く活躍中

4.5

・万能サイドバック

・フィジカルとスピードがメリット

私がサイドバックを選ぶ基準は、

・スピード特化選手
・スピードと守備のバランスが良い選手

などです。

前者のスピード特化選手はベジェリン。

後者のスピードと守備のバランスが良い選手としてはバレンシアを紹介しています。

バレンシアは前作ウイイレ2018でも結構強く、使っていた方も多いかと思います。

今作はFPの登場したため、1軍での使用は若干厳しいですが、縛りスカッドや低チーム力のスカッドを組む場合はやはり頼りになります。

ただし、今年は出場機会が少なく、ライブアップデートではあまり恩恵を受けられない状況となっているのがデメリットと言えるでしょう。

【ナチョ】DFラインのバックアップに

4

・LSB/RSB/CBが可能

・スピードと瞬発力が80超え

ナチョはレアルマドリード所属のDF。

2018ロシアW杯ではスーパーゴールも決めていましたね。

そのナチョも金選手では優秀CBかと。

レベル30時点で、

・ディフェンスセンス87
・ボール奪取85
・スピード82
・瞬発力81

と、守備系の特に大事な能力は全て80超えしており、ディフェンスに定評のある選手と言えるでしょう。

ただし、所属のレアルでは出場機会が少なく、ライブアップデートの面ではあまり恩恵を受けることが出来ません。

また、身長が179cmですので、CB登録ですがセンターバックで起用するのはちょっと怖い面もあります。

個人的には守備専門サイドバックや、LSB/RSB→CBに変更してナチョを起用するのがおすすめ。

【ヴィダ】香川選手と同僚のクロアチア代表DF

4

・スピード80超え

・ベシクタシュでスタメン

・クロアチアでスタメン

ヴィダの名前は2018ロシアW杯で知った方も多いでしょう。

クロアチア代表のレギュラーとして活躍し、クロアチアの準優勝に貢献しました。

ヴィダがベシクタシュ所属なので、今年レンタルで加入した香川選手と同僚になっています。

ベシクタシュでもスタメンに定着しており、私もDAZNで試合を観ていますがかなり安定した活躍をしています。

ベシクタシュ自体もトルコでは強く、ライブアップデートで恩恵を受けられる選手。

ただ、総合値自体は金選手の中でもそこまで高いわけではないので、ライブアップデートB以上の時にスカッドに加える感じで起用するのがおすすめです。

次回記事

【ウイイレ2019】おすすめ有能金のGK選手を紹介【ドンナルンマなど】