【AviUtl】L-SMASH Worksとx264guiExのダウンロードのやり方

Aviutlで動画編集するにあたり、L-SMASH Worksx264guiExの2つは必ず入れておきたい追加プラグインです。

この2つを入れておけば基本環境は完成しますので、当記事にて導入方法を是非ご確認してみて下さい。

x264guiExのエンコード(出力)エラーの対処法はこちら

L-SMASH Worksのダウンロード方法

PS4のシェア機能で録画するとMP4という動画ファイルで保存されます。

このMP4をAviutlに読み込もうとしても、読み取りエラーが発生してしまいます。

このような場合でも読み込めるようにするのがL-SMASH Works

L-SMASH Worksというプラグインをダウンロードすることで、たくさんのファイル形式を読み込めるようになります。

このプラグインがあれば、動画や画像、音楽の読み込みで困ることはまずないと思いますので、是非ダウンロードしてみてください。

L-SMASH Worksのダウンロード手順

ぽっぷんさん(※外部リンクへ移動します)のサイトからL-SMASH Worksをダウンロードしていきます。

Aviutl本体のダウンロードを完了していると、Aviutlのフォルダの中身が↓のような形になっていると思います。

まだAviutlのダウンロードが完了していない方は過去記事よりご覧ください
【AviUtl】ダウンロードのやり方

ここに、今回ダウンロードした4つのファイルをドラッグ&ドロップ(マウスをクリックした状態で移動させる)でファイルを追加していきます。

ZIPファイルを解凍し、L-SMASH Worksフォルダの中から、【lw~】で始まる4つのファイルをAviutlフォルダに移動させるだけです。

完了すると、↓の画像のようなファイル構成になります。

lw~で始まるファイルの実際のファイル名は↑画像の通りです。

この4つをAviutlの本体フォルダにぶち込めばOKです。

これでL-SMASH Worksの設定は完了です。

プラグイン導入後、すぐに動画ファイルを読み込みたい場合は1度Aviutlを再起動してみて下さい

L-SMASH WorksのZIPファイルが解凍できない方へ

L-SMASH Worksのダウンロードの際、zipファイルは解凍(=【すべて展開】)する必要があります。

もしもzipファイルを解凍できない場合は、Lhaplus(ラプラス)というフリーソフトのダウンロードを検討してみてください。

zipファイルを解凍できる無料のソフトになります。

↓画像は、「L-SMASH Works」のZIPファイルの解凍方法の図解です。

【全て展開】をクリックすると上の画面になるので、【自分のAviutl本体フォルダ】を【参照】して展開すると上手く行くはずです。

x264guiExのダウンロード方法

次はx264guiExというプラグインをダウンロードしていきます。

こちらのプラグインはエンコード関係のプラグイン。

エンコードは動画の容量を圧縮したり、動画形式を変換するもの

YouTubeやニコニコ動画に動画をUPする場合はこのプラグインを入れておくと非常に便利です。

ダウンロード手順は先ほどのL-SMASH Worksとほとんど同様。

x264guiExのダウンロード手順

プラグイン作者rigayaさん(※外部リンクへ移動します)のサイトからダウンロード出来ます。

リンクに飛んだあとは、サイトの中央辺りでx264guiExがダウンロードできますので、ダウンロードをクリックします。

ダウンロードをクリックすると、OneDriveの画面に移ります。

ダウンロード後は先ほどと同じ要領で、【解凍】→【全て展開】→自分のAviutlフォルダを【参照】→【展開】でOKです。

⇧x264guiExファイルをクリックし【全て展開】を選択。

自分のAviutlフォルダを【参照】、【展開】をクリックで完了です。

x264guiExのインストールとエラーが起きた場合の対処法

x264guiExのZIPデータファイルをダウンロードしたら、解凍してファイルを開きます。

そして、auo_SETUPというファイルをクリックすると、x264guiExのインストールが始まります。

この時、自分で作ったファイル(私の場合はAviutlブログ用ファイル)を参照し、その中にインストールされるよう設定しておきます。

これでプラグインの追加は完了です。

x264guiExをインストールしたことにより、x264出力でエンコードできるようになりました。

x264guiExでのエンコード方法と出力に失敗する場合

Aviutl上で、

ファイル】→【プラグイン出力】→【拡張x264出力(GUI)Ex

をクリックすることで動画のエンコードができます。

PS4などで録画した動画をAviutlにドラッグ&ドロップで読み込ませ、編集が完了したらエンコードするという流れになります。

動画をエンコードすることで、画質や音質を保ったまま動画容量を減らす事が可能です。

【拡張x264出力(GUI)Ex】でないと、動画のアップロードが非常に長時間かかったり、ニコニコ動画だとそもそも容量オーバーでアップロードできない場合が出てきます。

動画ファイルの出力(読み込み)に失敗しましたの解決策【Aviutl】

動画編集の一連の流れ

エクスプローラーから動画や音声、画像ファイルをドラッグ&ドロップでAviutlに読み込みます。

Aviutlで動画を編集し、動画が完成したら【拡張x264出力(GUI)Ex】で出力することで動画が完成します。

あとは動画サイトにアップロードすることで動画投稿可能です。

今回の2つのプラグインを無事追加できれば、ゆっくり実況など動画投稿が問題なく製作できます。

ゆっくり実況は編集が大変ですが、面白いので是非ともトライしてみてください。

次回記事【Aviutl】PS4で録画した動画をAviUtlで編集してYouTubeに投稿する方法