⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

PS4プロにおすすめのUSBメモリー【形(高さ)はかなり重要!】

「PS4のバックアップを取りたい」
「SHAREfactoryに音楽を取り込みたい」
「PS4→←PCでデータのやり取りをしたい」

という場合にはUSBメモリーが便利です。

通常のPS4ではどのUSBメモリーでもほとんど問題はないのですが、PS4プロだとUSBメモリーの形状を気にする必要が出てきます。

何故かというと、PS4とPS4プロではUSBを挿すところの高さ制限が異なるため。

↓画像オレンジ枠のところです。

ここがPS4プロはかなりシビアなので、USBメモリーの高さを調べてから購入すると後悔しないと思います。

私はこれまでにたくさんのUSBメモリーを購入しているので、よければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

PS4プロにおすすめしないUSBメモリー①

まずは私の失敗談から紹介します。

まずはこちらのUSBメモリー。

容量と値段のコスパは結構良いのですが、PS4プロを所持している方にはおすすめしません。

おすすめしない理由はPS4プロから非常に取りづらいため

手が痛くなるレベル…

PS4プロのUSB端子付近はスペースがほとんどありません。

指が入れづらく、力を入れてもなかなか取れない感じにどうしてもなってしまいます。

こちらのUSBメモリーは付けるのは簡単ですが取り外す際が地味に大変

ぶっちゃると、データの移行時間よりもUBSメモリーを頑張って取り外している時間の方が長いです。

普通に仕様する分には問題ありませんが、取り外しが困難なのがSanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー。

SanDiskのUSBメモリーはあくまでPS4プロの構造的に不向きというだけであり、通常のPS4やPCならば問題なく使用できます

PS4プロにおすすめしないUSBメモリー②

次もPS4プロには向いていないUSBメモリーになります。

こちらはUSBメモリー自体がやや高い形状をしています。

当記事で何度も述べている通り、PS4プロはUSB端子のスペースが狭め。

通常のUSBメモリーはPS4プロに付ける際にしっかり「カチっ」と音がします。

しかし、こちらのUSBメモリーは高さがかなりギリギリなため「カチっ」という音がしません。

むしろちょっと違和感があるぐらいです。

Amazon公式のサイズ詳細は以下の通り

■外形寸法(幅×高さ×奥行):20×9×55mm※本体のみ

あんまり無理に入れると故障する可能性がありますので、PS4プロにはあまり向いていないかと。

こちらのUSBメモリーもあくまでPS4プロの構造的に不向きというだけであり、通常のPS4やPCならば問題なく使用できます

それ以外は満足して使えています

上記の2種類以外はどれも問題なく使えています。

HPのUSBメモリー

例えばHPのUSBメモリー

サイズもしっかりPS4プロに合いますし、データの移行などがスムーズに行えます。

おまけにデザインもカッコよくて結構気に入っています。

PS4プロ用にUSBメモリーを購入しようと考えている方には、このHPのUSBメモリーが1番おすすめです。

私自身、もしも新しくUSBメモリーを購入する場合はHPのUSBメモリーを購入するほど。

それぐらいPS4プロでの使用にしっくりきますし、毎週のように使用しています。

Amazonプライムデーで安くなる傾向があります

シリコンパワーのUSBメモリ

↓画像ピンク色のUSBメモリーです。

2019年7月のAmazonプライムで安かったので購入しましたが、これも結構良い感じです。

HPのUSBメモリーの違いとして、【キャップ式であること】が挙げられます。

↑の画像を見ていただくと分かる通り、1か月も経たない内にキャップを無くしてしまいました(笑)

小さな物を無くしがちな方にとってはHPのUSBメモリーの方が向いているかもしれません。

トランセンドジャパンのUSBメモリー

トランセンドジャパンのUSBメモリーは、HPのUSBメモリーよりもコスパが良いのが特徴です。

コスパ重視の方にはおすすめのUSBメモリーですね。

ただしこのUSBメモリーは若干高さがあり、サイズ的にはPS4プロにギリギリ入る感じになります。

ギリギリですが、PS4プロがきちんと認識することは私の環境で動作確認済みです

後は私の買った商品がたまたまそうだっただけかもしれませんが、

  • PS4プロのスクショや動画をトランセンドジャパンのUSBメモリーに移す際
  • トランセンドジャパンのUSBメモリーのデータをPCに移す際

などに動作が遅かったり固まったりすることがあります。

なので快適さで比較すると、トランセンドジャパンのUSBメモリーよりもHPのUSBメモリーの方が個人的にはおすすめですね。

バッファローのUSBメモリー

最後に昔のバッファローのUSBメモリー

こちらは2013年発売の商品であり、Amazonだと8GBで1500円ほど。

そのため現在ではあまりコスパの良い商品ではありません

また6年間結構な頻度で使用していますが、未だに全く不具合なく利用できているので愛着が湧いています。

USBメモリーの容量は32GB以上がおすすめ

USBメモリーの容量をどれにするかは使用用途によって異なります。

PS4に接続して利用する場合は動画を取り扱うことになるかと思います。

動画は画像や音楽と比べると、容量が重め。

PS4のシェア機能で1時間ゲーム画面を録画すると、およそ2.5GBほどの容量となります。

動画メインなら最低でも32GB以上、画像メインなら16GBが目安

最後にUSBメモリーの容量について。

もちろん使用目的にもよるのですが、

  • 動画メインなら多ければ多いほど良い
  • 動画メインなら最低でも32GB以上
  • 画像オンリーなら16GBぐらいがちょうど良い

感じのように思います。

動画のバックアップや移行をメインにUSBメモリーを使用する場合は32GB以上のものにするのが良いでしょう。

むしろ64GB以上でも全然OKなレベルです。

逆に、画像だけを取り扱うという場合は16GBで満足できるかと思います。

ただ、容量に関しては足りなくなったら困りますが、余る分には問題ありませんよね。

空き容量でPS4のバックアップを取ったりすれば、PS4の故障などの緊急事態にも落ち着いて対応できます。

関連記事【2019年最新版】PS4のバックアップをUSBメモリーで保存する方法

なので基本的に、PS4に使うUSBメモリーは32GB以上のものを当ブログではおすすめします。