通常のPS4とPS4プロはどっちを選ぶべき?両方買って分かったこと!

PS4を購入しようと考えている方にとって、通常のPS4にするかPS4プロにするかは大きな悩みでもありますよね。

通常のPS4とPS4プロの価格差はおよそ1万円ちょっと。

両方買ったことのある私の結論は以下の2点です。

  1. PS5の発売のことも考えると無理にプロにする必要はない
  2. ただし、PS4ゲームを使ったコンテンツを作る予定のある方(ゲーム実況や生配信など)はプロがおすすめ

本文でその理由を詳しく紹介します。

まずは公式記事の紹介から

実は、playstastationの公式自体が「PS4とPS4プロのどちらを購入すべきか?」というタイトルで記事を公開しています。

まずはそちらを1度ご覧になってみて下さい。

そして公式の結論は

「大画面4Kテレビユーザーなら迷わずPS4 Pro」

PlayStation.Blogより

ということになっています。

しかしながら私の結論は少し異なっていて、

個人の環境だけでなく使用目的と使用頻度により判断すると良いというもの。

  1. PS4ゲームを使ったコンテンツを作るかどうか(=配信者・実況者かどうか)
  2. 毎日起動するぐらいPS4をやり込むかどうか

この2点が重要だと考えています。

使用目的と使用頻度が判断基準

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥40,780 (2019/10/21 04:32:21時点 Amazon調べ-詳細)

PS4プロは通常版PS4の上位互換ではあるけれども、全員が無理してプロにするほどではないでしょう。

通常版は通常版でコスパが良いですし、PS5でPS4の互換が出来るようになる可能性を踏まえると、通常のPS4の購入も良い選択肢だと思います。

ただ、それでも私はPS4→PS4プロの買い替えを決めました!

その決め手となったのが、シェア機能が強化されていること。

私の場合はゲームブログを運営しており、ブログに掲載する画像の画質を考慮してPS4→PS4プロに買い替えることに決めました。

使用目的の例:ゲームのプレイ動画や生配信の予定があるか

PS4プロの最大の魅力はシェア機能(※)の強化

(※)シェア機能=TwitterにゲームのスクリーンショットをUPしたり、ゲームのプレイ動画を録画してYouTubeにUP・生配信などが可能。PS4コントローラーのボタン1つで出来るのも特徴。

PS4のシェア機能を利用した画像がこちら↓

ブラボ 啓蒙取引

PS4プロのシェア機能を利用した画像がこちら↓

ブラッドボーン

どちらも画像のサイズ変更・圧縮などを行っているため、オリジナルと若干の差がある場合があります

PS4ゲームを使ったコンテンツを作るかどうか

  • ゲームの生配信をする予定がある
  • ゲーム実況を撮る予定がある

これがPS4とPS4プロを選ぶ最大の基準だと個人的に考えています。

自分のためだけでなく、自分の視聴者やチャンネル登録者のことを考慮するかどうかも判断基準になるかと。

シェア機能って想像以上に便利です

まだPS4を購入したことのない方からすると、

「生配信とか録画とかスクショとか興味ないよ」

という方も多いかもしれません。

が、シェア機能は恐らくみなさんの想像以上に便利な機能です。

例えば、

  • 離れたところに住んでいる友達とシェアプレイで画面共有し、ボイスチャットしながら一緒にゲームを楽しむ
  • ゲームの難しい場面において、シェアプレイのコントローラー権を友達に渡して自分の代わりに操作してもらう
  • マルチ対戦で自分のプレイを録画し、分析と改善に役立てる(※マルチ上達の近道です)
  • 上手くいったプレイ動画を録画して後で個人的に見返す
  • SNSにスクリーンショットをUPする
  • YouTubeにゲームの動画をUPする

など。

めっちゃ有能な機能でして、私の場合は録画の際に便利すぎてPS4の容量が足りなくなるぐらいまで使っています。

使用頻度の例:PS4をどれぐらい使いこなすか

使用目的の他に、使用頻度もやはりプロにするかどうかの判断基準になります。

毎日PS4を起動するぐらいのPS4好きならばプロにする価値はそれだけで十分でしょう。

反対に、

  • 「任天堂スイッチやPCゲームなどでも結構遊ぶ」
  • 「忙しくてPS4は週に1度ぐらいしか使わない」
  • 「PS4で遊ぶ予定のソフトが5本以下」

などといった方の場合は、無理してPS4プロにする必要はありません。

PS4 Proでよりスゴい映像でゲームを楽しむにはふたつの条件を満たす必要がある。まずひとつめは、PS4 Proを接続するテレビが4K、HDR対応であること。そしてもうひとつは、PS4 Proで映像表現が強化される「PS4®Pro ENHANCED」対象タイトルであることだ。

PlayStation.Blogより

と記載があるように、PS4プロでも画質を高めるためにはそれなりの投資が必要です。

もちろん4K環境をそろえるとPS4プロは通常のPS4よりも良い画質でプレイできますが、ぶっちゃけ画質の良さは慣れてしまいます(悪い意味で)

私自身、初めてPS4プロに買い替えてゲームをした時は画質の良さに感動しましたが、今では画質が良い=当たり前になってしまっており、「画質が良いからPS4プロにすべき!」とまでは正直断言できません。

なので、使用目的と使用頻度を考えてPS4の種類を選択すると良いのではないでしょうか。

PS5の発売時期や互換機能の詳細がまだ公式発表されていないため、「今すぐPS4が欲しい」という方以外は少しPS4の購入を待ってみるのも良いかもしれません。