【ダークソウルR】ねずみによる毒と犬による出血がうざいと感じる方へ

毒や出血対策のまとめ

この記事では、毒や出血等の状態異常にならないような対策法を紹介しています。

毒や出血にうんざりした方のご参考になれば幸いです。

・防具やアイテムで予防しよう
・状態異常の回復アイテムを常備!
・盾でしっかりガードしてから攻撃する立ち回りを身に着けよう
・強い敵やたくさんの敵のエリアは火炎壷や弓で1匹ずつ対処しよう

防具やアイテムで事前対策をしよう

ダークソウルのローリングシステムは装備重量によって異なります

装備重量が全体の4分の1だと軽ローリングになり、快適に×ボタンで回避行動をとることが可能です。

逆に重い防具をたくさんつけると装備重量が重くなり、防御力こそ上がりますがどっすんローリングとなってしまいます。

軽ローリングにするために軽装にすると毒や出血耐性が低くなってしまうのが落とし穴でもあるのがダークソウルの仕組みです。

特にダクソ1は毒や出血の状態異常で序盤は苦しむことになるでしょう。

一撃で状態異常になってしまう場合は防具を装備してみるのが効果的です。

また、指輪での対策も効果的です。

城下不死教区の「鐘のガーゴイル」を倒し、目覚ましの鐘を鳴らしたあとにはしごを下りるとNPCがいます。

このNPCは【毒耐性が上がる指輪】【出血耐性が上がる指輪】を販売しています。

これを装備すると、ねずみや犬に悩まされるリスクを減らすことが出来ます。

状態異常を回復できるアイテムを常備

また、毒消しのアイテムも常に持っておくと良いでしょう。

商人

黒い森の庭にいる葉っぱみたいな敵を倒すと、出血対策のアイテムを入手できます。

盾でガードする・敵をおびきよせる立ち回りを身につけよう

ごり押しで倒そうとすると、攻撃をくらってしまい状態異常になる場合があります。

相手の攻撃を盾でしっかりガードしてからタイミングを見計らって攻撃していきましょう。

火炎壷や弓で1匹ずつ対処する

多対1になると、高確率で状態異常になってしまうでしょう。敵が複数待機している場所は警戒が必要です。

対策として、火炎壷や投げナイフ、弓矢にて遠距離攻撃をしかけ、敵をつり出すことが効果的ですね。

時間はかかりますが、1匹ずつ確実に仕留めることでストレスフリーで探索できるようになります。

状態異常で死亡し、かがり火からやり直すよりも楽しくプレイできると思います。

火炎壷と弓は、ゲーム序盤の城下不死街の商人から購入することができます。