⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

【ウイイレ2018】CO-OP攻略!1人コープの倒し方

ウイイレ2018にて1人コープとマッチングした場合の攻略法です!

フォーメーションは424で4TOP、4CBが効果的。前線4人でハイプレスをかけ、COMのパスミスを狙う戦術がかなり有効です。

いわゆるゲーゲンプレスは1人コープに結構刺さります。

442でサイドからドリブルで仕掛けるのも良いですね。

攻撃時ではCOMのパスミスを誘発させること、オフサイドラインの抜け出しを狙うこと、COMが操作している選手に対して1対1を仕掛けることを心がけてみてください。

また守備時にはセンターバックを前に出さないこと、ハイプレスでCOMのパスミスを常にダッシュで狙うこと、相手プレイヤーの抜け出しを警戒することが大事になります。

コープに慣れていないうちは一人コープの相手に負けてしまいがちですが、コープでのCOMの特徴を覚えると非常に勝利しやすくなります。

コープチャレンジで是非試してみてください。

スポンサーリンク

一人コープの倒し方

一人コープとは、自分一人とCOM2人でコープをすることを指します。

一人コープのやり方

まず【クランマッチ】を選択して「招待者限定」や「パスワード」、「クランメンバーのみ」の味方募集条件にして部屋を作ります。部屋を作ったらそのまま一人で試合開始を押すことでマッチング検索ができ、一人コープで試合ができます。

一人コープ相手に有効な戦術

まず、コープではフォーメーションや戦術を自由に変えられます。

おすすめフォーメーション

おすすめは424です。

ST CF CF ST
 DMF CMF
CB CB CB CB
  GK

コープはビルドアップが難しいです。何故かと言うと、守備側が3人分プレイヤーの意志で動かせるからですね。

1対1の通常のマッチングとは違い、パスをカットされること・パスを受けた後にすぐDFに詰められてロストすることが多くなってきます。

しかし相手が一人コープの時は、パスをカットされることが少ないはずです。

むしろ、こちらが3人で上手く連携して、4TOPでハイプレスをかけることで相手のパスミスを狙えます。

グリーズマンやカバーニ、ロナウドがチームに採用された場合は積極的に起用していきましょう。

失点パターンを学習する

一人コープ相手に勝てない場合、

・抜け出したプレイヤーにCOMからスルーパスを通されてDFが上手く連携できずに失点
・サイドからのクロスでマークが上手くつけずに失点

というパターンが多いはずです。

相手が一人コープの場合は無闇に最終ラインを操作せず、前線や中盤の選手を守備に動かしましょう。

CBを動かすと、PS4内でのマークを外してしまいがちです。ここはプレイヤーが操作しないで、COMに任せるのも有効です。

COMは抜け出しをあまりしてきません。抜け出しはプレイヤーが必ずといっていいほどやってくるので、プレイヤーの抜け出しに警戒することが何よりも重要になってきます。

得点パターンを身につける

逆に相手が一人コープの場合、
PA脇でパスで崩すかドリブルでPA内に侵入し、最後は△でフリーの味方FWに横パス➪シュート

これが非常に有効です。

サイドだと簡単にドリブルで前に運べます。

442でサイドから持ち上がるのも、一人コープ相手には効果的です。

PA脇の付近でCOMの守備のところでドリブル勝負を仕掛けることが得点する上で重要になってきます。

フォアチェック アグレッシブに変更する

コープの場合、試合前にチームの方針を変更することができます。

相手が一人コープならば、

【フォアチェック】
【アグレッシブ】
【マンマーク】
【追い込みエリアサイド】
【ディフェンスライン最大】

の設定に変更するとボールを奪いやすくなります。

ハイプレスでCOMのパスミスを誘う

COMはオフザボールの動きが弱いので、裏のケアなどはあまり必要ありません。プレイヤーがボールを持っている時は、プレイヤーの抜け出しに注意して守備していきます。

プレイヤーからCOMにボールが渡ったとき、ここで3人ダッシュで一気に周りのパスコースを全て塞ぎます。COMはドリブルよりもパスを最優先するので、パスカットが非常に狙いやすくなります。

COMがボールを持ったらダッシュでパスコースを塞ぐ

相手陣地の場合はこれでボールを奪いやすくなります。

例え失敗したとしても全力で毎回パスカットを狙ってみてください。

更にサイドに追い込むようにプレスをかけるとより効果的です。

ただし、味方陣地でCOMがボールを持っているときは、相手プレイヤーの抜け出しに注意してください。

COMはかなり高精度なフライングスルーパス(浮き玉のパス)を出してくるので、相手プレイヤーの抜け出しはピンチになりやすいです。

ボールの奪い方

守備時はボールホルダーからボールを奪取するのではなく、パスカットでボールを奪うのが有効です。

特にCOMは何回でも同じパスミスをしてくれるので、COMのプレイヤーへのパスをカットすることを常に狙いましょう。

相手が自陣にきたらセンタバックを操作するのでなく、前線の選手を走って戻らせるような守備が必須になります。

ウイイレ2018でのCOMの特徴

オフェンス時

COMの特徴は⇩に書いた通りです。これは覚えなくても、コープをやり続けていたらだんだん感覚でわかってくると思います。「あっ、ここはこうしてくるな」って感じですね。これらの特徴がわかるとより有利に試合を運べます。

敵にプレスをかけられると空いている味方めがけてパスを最優先する
ワンタッチパスが非常に多い
ドリブル突破は基本してこない
プレイヤーの抜け出しにピンポイントのスルーパスを出してくる
・コーナーフラッグ付近でボールを持つと、素直にクロスを上げずにボールを持ちたがる
・・切り替えしてからクロスを上げる
・サイドからカットインはしてこない
・サイドからシュートを撃ってこない
・正面からはPA外からでもコースが空いてればミドルシュートを狙ってくる
・ライン際でロングパスを受けると、そのままエリア外にドリブルしてマイボールになる

ディフェンス時

・タックルは基本してこない(ディフェンスセンスが高い選手は足を出してきます)
・スライディングはノーファール判定になりそうなところのみ
オフサイドラインの駆け引きに弱い
スルーパスに弱い
自陣エリア内でディフェンスが抜けれた時にカバーにいかない
コーナーキックでのマークが甘い
・パスカットを狙ってこない
サイドでの守備が甘い

結局は味方のマッチング運(人選)が一番大事

ここまでいろいろと述べてきましたが、結局のところ味方と連携できるかどうかが一番大切です。

特にカジュアルだと、まだコープに慣れていないプレイヤーが多く、高レベルの一人コープ相手にはかなり苦戦すると思います。

一人コープに勝ちたい場合はクランマッチで募集したり、部屋を選ぶことが何よりも一番大事ですね。

めらん
めらん

体感的にはCOMはプレイヤーでいうレベル40ぐらいのイメージがあります。

正直カジュアルマッチだと一人コープに苦戦します。是非クランマッチで遊んでみてください。