12月21日クラブセレクション「インテルCS」の能力値まとめ【ウイイレ2021】

ウイイレ2021 PS4&アプリ版】今週(12月21日月曜日)のFPガチャ情報です。

今週月曜日のクラブセレクションは以下の2チームが登場しています。

この記事ではインテルCSについて、FPガチャ詳細やFPの能力値一覧を紹介していきます。

おすすめ度
(4.5)

黒玉100%であり、全体的に総合値の高いFPが収録されています。

また大当たりのFPルカクはもちろん、FPビダルやFPバストーニなどルカク以外の選手も面白い使用感になっているので興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

今作のインテルCSまとめ
【PS4版】10月12日インテルCS

以下、FP能力値一覧です。

MEMO
※今後も同名FPが異なる能力値にて登場することがあります。また、画像はレベル1時点の能力値です。★は管理人独自のあくまでゲーム内における評価です

FPルカクのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPルカクはプレースタイル:ボックスストライカーのCF

  • ボールキープ+5
  • それ以外は+2ずつ

前作からの主な変更点

  • 決定力・フィジカルコンタクトが微上がり
  • スキル:マリーシアの追加
  • アグレッシブネス-4

でかくて速くて力強いという、ウイイレではめちゃめちゃ使いやすい貴重な存在なのがFPルカクの特徴です。

身長191cmでスピード90近く、フィジカルは90後半と規格外の能力値構成となっているのがロマンの塊と言えますね。

このタイプはプレースタイル:ポストプレイヤーになることが多いのですが、ルカクはボックスストライカーなのも個人的にはメリットかと思っています。

今作序盤に出たFPルカクは+1ベースの強化でしたが前回のPOTW版に引き続き今回は+2ベースの強化に。

11月9日ベルギー代表CS(↓)

11月26日POTW(↓)

現在登場中の継続プレー特典IMやレジェンドとも差別化できてますし、初心者の方でも使いやすいので持っていて損のない大当たりFPです。

無課金の方でGET出来れば長い間エースになってくれる存在でしょう。

FPラウタロマルティネスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPラウタロマルティネスはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • カーブ+7(?)
  • それ以外は+2ずつ

オフェンスセンス・決定力が高く、シュート系スキルを豊富に持っているのが特徴です。

ドリブルも出来て逆足が蹴れるのも魅力の1つ。

通常なら+2ベースとカーブ値が+5強化のはずですが、今回カーブが+7といつも以上に大きく強化されています。

スキルの空き枠が1つあるので好きなスキルを追加することも可能です。

FPハンダノヴィッチのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPハンダノヴィッチはインテルCSのゴールキーパー枠です。

  • プレースタイル:守備的GK
  • スキル;低弾道パントキック持っておらず
  • コンディション安定度:7
  • 身長193cm

高身長でGK能力値の高いのがハンダノヴィッチの特徴です。

既にFPキーパーがそろっている方も多いと思いますのでライブアプデAの際の起用がおすすめ。

FPビダルのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPビダルはプレースタイル:ハードプレスのDMF

  • ボディコントロール+6
  • それ以外は+3ずつ

フィジカルと守備力が特徴の選手です。

ここ数作は様々なポジションをこなせる万能なFP的立ち位置でしたが、今作では使用感が大きく落ちてしまいました。

前作からの主な変更点

  • 総合値3ダウンの黒から金降格
  • FW/DFのポジション適正削除(MFのみに)
  • ディフェンスセンス-9
  • ボール奪取-3
  • スピード-5
  • 瞬発力-6
  • オフェンスセンス-5
  • アグレッシブネス+3

スピード・瞬発・守備などの数値が大きく下がっているのもそうですが、ポジション適正もMFのみとなってしまったのが痛い点。

前作の通常版ビダル=今作のFPビダル的な立ち位置になるかと思います。

ただそれでも中盤の選手としては攻守に動けるハードプレス持ちなので、このタイプのCMFが欲しかった方には当たりのFPと言えますね。

ウイイレ2019・2020ほどの有能感は薄れてしまいましたが、育成すると充分に良い使用感になるのは間違いないでしょう。

FPペリシッチのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPペリシッチはプレースタイル:ウイングストライカーのLWG

  • ドリブル+6
  • それ以外は+3ずつ

何でもこなせる万能なウインガーなのがFPペリシッチの特徴です。

また、身長186cm・フィジカルコンタクトも育成すると80を超えるのが他のウインガーとの差別化にもなっています。

  • ウインガーだけではなく複数ポジションこなせる
  • 逆足精度・頻度ともにMAXの4
  • ドリブル・パス・シュートと高水準でこなせる

と総合力のあるウインガーですし、ST/OMFなどでも充分に強い存在です。

そしてスキル:スーパーサブ持ちでもあるのがFPペりシッチの魅力。

FPサネFPベイリーなどのスーパーサブ持ちLWGをまだ持っていない方にはうってつけの人材かと。

FPハキミのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPハキミはプレースタイル:インナーラップサイドバックのRSB

  • ディフェンスセンス+6
  • それ以外は+3ずつ

全SBの中でもスピード・瞬発力が極めて高いのが最大の特徴です。

現在22歳で最大レベル上限はやや高め。

本職SBの選手としては決定力が高くてシュート系スキルもあるのでSBに攻撃参加させたい方向け。

レベルまで育成すると決定力も80を超えるのがFPハキミの魅力。

また、SBとしてはスキルが豊富で、

  • ピンポイントクロス
  • ロングスロー
  • アクロバティッククリア

など対人戦で役立つスキルを持っています。

FPバストーニのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPバストーニはプレースタイル:ハードプレスのCB

  • ボール奪取+6
  • それ以外は+3ずつ

身長190cmと大柄でスピード・フィジカルコンタクト・守備力とバランスよく高いのがFPバストーニの特徴です。

現在21歳と若く最大レベル上限は高め。

レベル1時点ではよくいるCBという感じでしたが、レベマまで頑張って育成することでかなり優秀な万能CBへと成長するのが魅力です。

攻撃陣がそろっていて守備陣が足りないという方にはFPルカクよりも当たりのFPと言えるかもしれません。

FPガッリアディーニのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPガッリアディーニはプレースタイル:ハードプレスのCMF

  • グラウンダーパス+7
  • それ以外は+4ずつ

どちらかというと守備よりの能力値構成をしているCMFとなっています。

その特性上からDMFの濃いポジション適正もあり。

身長188cmと中盤の選手としてはサイズも大きくてフィジカル値も高いので、総合値以上に強く感じるタイプのCMFでしょう。

全体のまとめ

  • 今週はインテルとミランのクラブセレクション
  • インテルCSの目玉選手はFPルカク・FPビダルなど

今週のFPガチャシリーズ過去記事はこちら

関連記事
歴代のFPガチャは(↓)の記事にまとめていますので興味のある方はぜひ。

ウイイレ2020のFPガチャ総まとめ ウイイレ歴代のFPガチャ総まとめ【今週のFPガチャシリーズ】

また、9月~12月登場の最強FP集もまとめてみましたのでぜひ(↓)

「持っていれば神引き」ウイイレ2021最強FPをポジション別にピックアップ!【9月~12月】