Amazon5日間のビッグセール開催中!

【ウイイレ2021】11月2日クラブセレクション「ラツィオCS」の能力値まとめ

ウイイレ2021 PS4&アプリ版】今週(11月2日月曜日)のFPガチャ情報です。

今週月曜日のクラブセレクションは以下の4チームが登場しています。

この記事ではラツィオCSについて、FPガチャ詳細やFPの能力値一覧を紹介していきます。

おすすめ度
(3.5)

同時開催中のマンチェスターシティCS・ユヴェントスCS・リヴァプールCSの質が高すぎて少し影が薄くなってしまっていますが、

  • フィジカル値が今作大きく伸びたインモービレのFP
  • 前作よりも強化されたミリンコヴィッチサヴィッチのFP
  • 2列目からの飛び出し&スーパーサブ持ちでフィジカルのあるコレアのFP

などなど面白いFPも収録されていますのでラツィオCSも忘れずにチェックしてみて下さい。

以下、FP能力値一覧です。

MEMO
※今後も同名FPが異なる能力値にて登場することがあります。また、画像はレベル1時点の能力値です。★は管理人独自のあくまでゲーム内における評価です

FPインモービレのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPインモービレはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

  • ボディコントロール+4
  • それ以外は+1ずつ

裏抜けが得意でシュート系スキルが豊富にあるラインブレイカーのCFです。

前作からの主な変更点

  • 決定力+2
  • フィジカルコンタクト+5

と前作から総合値自体は変わらないもの、使用感はかなり良くなっているので今回のFPインモービレは前作よりも間違いなく優秀です。

特にラインブレイカーでこのフィジカル値の高さが魅力になります。

オフェンスセンス・決定力も充分なので得点能力に関しては文句なし。

今回は+1ベースに加えて大きく伸びた項目がボディコントロールなのが少し残念ですが、今後POTWで登場してスピード・フィジカル・決定力辺りが大きく伸びればかなり化ける存在になるかと思います。

FPルイスアルベルトのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPルイスアルベルトはプレースタイル:ナンバー10のCMF

  • グラウンダーパス+5
  • それ以外は+2ずつ

前作から総合値+1、コンディション安定度+1、フィジカルコンタクト+7と強化されており、前作よりもかなり使いやすくなっています。

ドリブル・パス・足元の技術が非常に高く、個人的には守備面からCMFよりもOMFでの起用がおすすめです。

FPミリンコヴィッチサヴィッチのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPミリンコヴィッチサヴィッチはプレースタイル:2列目からの飛び出し

  • フライパス+4
  • それ以外は+1ずつ

ラツィオCSの中で個人的には1番の大当たりFPだと思っています。

ミリンコヴィッチサヴィッチの魅力

  • プレースタイルが優秀な2列目からの飛び出し
  • 身長191cmと中盤の選手としてはかなり大柄
  • フィジカル値が優秀
  • スピード・守備も悪くない能力値
  • スキル:ワンタッチパス持ち

などなどかなり個性の強い選手ですし、今作の環境でも強いタイプのCMFなので持っていて損のない有能FPと言えます。

さらにミリンコヴィッチサヴィッチは前作から今作でさらに使いやすくなっており、コンディション安定度+1、ドリブル+5、ボールキープ+3、ボディコントロール+3などは使用感にも大きく関わってきています。

433のCMFにかなりおすすめなので、このフォーメーションを採用してる方でGET出来た方はぜひ一度起用してみて下さい。

FPアチェルビのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPアチェルビはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • ディフェンスセンス+4
  • それ以外は+1ずつ

前作ウイイレ2020から今作ウイイレ2021で金から黒に昇格した選手です。

前作でも最大の特徴だったコンディション安定度8は今作も継続。

リーグ戦終了後や予期せぬリーグ戦休止状態になったときにやはりコンディション安定度8というのはそれだけで最大の魅力と言えます。

最強クラスとまではいきませんが、コンディション安定度8でディフェンスセンス・ボール奪取・フィジカル値が非常に高いので特にアプリ版のCBとしておすすめです。

身長192cmと大柄で守備・フィジカルに優れたCBとなっています。

対人戦だとスピードにやや不安要素はありますが、スピード値が気にならない方には結構おすすめな即戦力CBに。

FPストラコシャのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPストラコシャはラツィオCSのゴールキーパー枠です。

  • プレースタイル:守備的GK
  • スキル:低弾道パントキックは持っておらず
  • コンディション安定度:6
  • 身長:193cm

守備的GKかつGKの中でも大柄なのが特徴です。

最大レベル上限がやや高いので育成することでGKセンスも99まで成長しますので、ラツィオファンの方・ストラコシャ好きの方はぜひスタメンで起用してみて下さい。

GKに関してはどんどんFPで登場してくる点、守備的GK・高身長にはクルトワという存在がいる点から評価は★4.5としています。

FPホアキンコレアのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPホアキンコレアはプレースタイル:2列目からの飛び出しのST

  • ドリブル+6
  • それ以外は+3ずつ
  • スピード・フィジカルともに高め
  • 2列目からの飛び出し
  • スキル:スーパーサブ持ち
  • 身長188cm

が魅力のSTとなっています。

<2列目からの飛び出し>
攻撃時には常にゴール前に出ることを意識します。
有効なポジション:ST/OMF/RMF/LMF/CMF

個人的にはFWにはラインブレイカー&スーパーサブタイプを起用して、FPホアキンコレアはOMF起用にすると1番良さを活かせるかと思います。

ラインブレイカー&スーパーサブ持ちFPがそれなりに登場しているのに対し、2列目からの飛び出し&スーパーサブ持ちのFPはまだあまり登場していない貴重な存在のため今回のFPコレアは評価★5としています。

OMFとしてみれば決定力もそれなりにありますし、高身長でスピード・フィジカル値があるので後半から途中出場させることでえげつない動きを魅せてくれるでしょう。

FPラッツァーリのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

FPラッツァーリはプレースタイル:クロサーのRMF

  • スピード+6
  • それ以外は+3ずつ

快速系サイドアタッカーで、RMFとしては守備力もあるのがFPラッツァーリの特徴です。

今作で銀から金に昇格した選手でもあります。

プレースタイルの通りクロスが得意でクロス関連の能力値とスキル:ピンポイントクロス持ちなので、クロス好きの方に向いているFPとなっています。

プレースタイル:クロサーのFPはまだ数が少ないため、このタイプのFPを求めていた方には当たりと言えるかもしれませんね。

FPマルコパローロのウイイレ2021能力値

評価
(3.0)

FPマルコパローロはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • フライパス+7
  • それ以外は+4ずつ

フィジカル値の高いCMFなのが特徴です。

実は前作から今作で総合値が-4、コンディション安定度-1とかなり弱体化されてしまった選手でもあります。

全体のまとめ

  • 今週はユヴェントス・ラツィオ・リヴァプール・マンチェスターシティのクラブセレクション
  • ラツィオCSの目玉選手はFPインモービレ・FPミリンコヴィッチサヴィッチ・FPホアキンコレアなど

今週のFPガチャシリーズ過去記事はこちら

MEMO
前作ウイイレ2020・今作ウイイレ2021のFPガチャは(↓)の記事にもすべてまとめていますので興味のある方はぜひ。

ウイイレ2020のFPガチャ総まとめ ウイイレ歴代のFPガチャ総まとめ【今週のFPガチャシリーズ】