ウイイレ2018ぺケルマンのようにウイイレ2019で3CFが出来る監督【ガウェイン・ケテルビー】

前作ウイイレ2018でぺケルマンを愛用していた方向けの記事です。

PS4・アプリ版ともに、ウイイレ2019でも3CFの監督を獲得することができます。

今回は3CFの監督である【ガウェイン・ケテルビー】について紹介します。

ウイイレ2018でのぺケルマンは結構強くて人気でした

前作ウイイレ2018ではぺケルマンという監督が人気でした。

433の監督なのですが、人気の秘訣はFWのポジションにあります

ちなみにW杯コロンビアの代表監督でした

普通の監督の433は1CF+2STや1CF+LWG+RWGというポジション配置になります。

サイドからの分厚い攻撃が可能というスタイルの監督がほとんどです。

それらの普通の監督に対し、ペケルマンは2CF+1STというフォーメーションを組むことが可能です。

ウイイレ2018で結構人気だったのが下記のような3トップ。

ロナウドとオーバメヤンをCFにするフォーメーションは、体感だと442のシメオネよりも人気があったように思います。

ウイイレ2019でも2CF+1STの監督が存在します

前作ぺケルマンのように、今作でも433の2CF+1STという陣形で試合をしたいなと思っている方もいるかと思います。

そういう方向けの監督が【ガウェイン・ケテルビー】という監督。

国籍はノルウェー、朝鮮民主主義人民共和国(=北朝鮮)の代表監督です。

この監督はウイイレ2018のぺケルマンと同様の2CF+1STが可能となります。

ただし、ぶっちゃけ個人的にはぺケルマンよりも弱いかなという印象ですね。

デメリット①マネジメントコストが低い

この監督はマネジメント能力が345とかなり低いのが大きな欠点です。

チーム力5のスカッドだとあっさりコストオーバーし、チームスピリットが一桁台になってしまいます。

これを解決するためには、

・サブ監督(第2監督)として起用する
・マネジメント能力をアイテムで上昇させる

これらの対処が必要となってきます。

サブ監督(第2監督)として起用する方法

マイクラブでは1つのスカッドにつき2人の監督を起用することができます。

まずケテルビーを監督に選び、その後に別の監督を起用すると【元々いた監督の戦術を残しますか】的な表示が出てきますので、YESを選択。

すると、メインは別の監督ですが、サブの監督としてケテルビーのフォーメーションを使用することが可能となります。

これは、チームのマネジメントの合計コストはメイン監督のマネジメント能力にのみ影響する仕組みのためです。

マネジメント能力向上アイテムを集めて使用する方法

マネジメント向上というアイテムが必要です。

マネジメント向上は監督のマネジメント能力の上限を上げることが可能なアイテム。

ガチャ報酬や運営からのプレゼントで入手可能です。

ただ、こちらの方法はあまりおすすめしません。

マネジメント能力は結構貴重なアイテムなためです。

なので、最初はサブ監督(第2監督)として起用して、気に入ったらそこで初めてマネジメント能力を向上させる検討をすると良いと思います。

デメリット②CMFをOMFにできない

実はぺケルマンの良さは2CF+1STの他にもありました。

それが【CMFをOMFにできる】という点。

ウイイレ2019のケテルビー監督だと、CMFをDMFに変更することは可能なのですが、CMFをOMFにすることが出来ないのが欠点になります。

前作ウイイレ2018でぺケルマンを使用してかなり攻撃的なフォーメーションが好きだった方はもしかすると合わない可能性があるので注意。

こんな感じでちょっと使いづらくはなってしまいましたが、ウイイレ2019でも3CFや2CF+1STで遊ぶことが可能です。

GPやマイクラブコインに余裕があり、この監督に興味のある方は是非起用してみて下さい。

次回記事シメオネ監督の使い方やメリット【ウイイレ初心者で失点が多い方向け】