⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

プラグインなしで画像圧縮する方法【TinyPNGとJPEGmini】

画像圧縮プラグイン

サイトの表示速度はサイト運営者にとって必ず一度は気にすることだと思います。

改善しやすく効果の高い施策として、画像の圧縮をまず最初に取り組んでいくと良いでしょう。

「でも画像圧縮プラグインを入れて不具合が出るの嫌だなぁ」

という方向けに、今回はプラグインなしで出来る画像圧縮方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

TinyPNGで画像圧縮する

TinyPNG

TinyPNGというサイトに画像を放り込むと、ブラウザ上で画像圧縮することが可能です。

使い方はとても簡単。

画像の放り込み→圧縮具合を確認→OKならdownload(ダウンロード)をクリックするだけです。

PNGとJPEGの2大画像ファイル形式を圧縮可能です。

Compress JPEG & PNG imagesについて

TinyPNGはプラグイン版も存在します。

その名も「Compress JPEG & PNG images」。プラグインだと過去の画像もクリック操作で簡単に圧縮することができます。

有名な画像圧縮プラグイン「EWWW Image Optimizer」よりも3倍ぐらいの圧縮効果があります。

個人的なイメージとしては、PNGの画像圧縮がかなり強力ですが、JPEGは画像によってはあまり圧縮されないことがあります。

そこで、私はJPEGを別のサイトで圧縮することにしています。

JPEGminiで画像圧縮する

JPEGminiはJPEGを画像圧縮できるサイト。

TinyPNGのように一度にたくさんの画像を圧縮することは出来ませんので、1枚1枚ちまちま作業していくことになります。

ただし、JPEGの画像圧縮に関しては前述のTinyPNGよりも強力な圧縮ができます。

※PNGの画像は利用不可

私の画像圧縮方法と記事のまとめ

私の場合、まずはペイントで1つの画像をJPEGとPNGの両方で保存しています。

この状態では、JPEGのほうがPNGよりもまず容量が軽いです。

その後TinyPNGに先ほど保存した、JPEGとPNGを両方放り込んで圧縮。

より軽い方だけをダウンロードするといった感じです。

この際、画像によってはJPEGがあまり圧縮されないことがあります(サイト上の数字で判別可能)

TinyPNGでJPEG画像があまり圧縮されなかった場合、今度はJPEGminiで先ほどのJPEG画像を圧縮します。

そして、JPEGminiで圧縮した画像をさらにそこからTinyPNGに放り込んで圧縮することも可能です。

というか、これが恐らく1番容量が軽くなる感じですね。

これらの方法をすべて試して、1番軽いものを採用するとかなりの高速化につながるでしょう。

この手法で新規記事を作成したら、今までの記事をサイトの表示速度を是非比べてみて下さい。

恐らくPC版の点数が高くなっているのではないでしょうか。

具体的にいうと、グーグルのページスピードインサイト画像の圧縮が助言されないレベルになります。

ちなみにプラグインの「EWWW Image Optimizer」だと間違いなくページスピードインサイトで画像の圧縮を指摘されます。

デメリットは画像ファイルが増えること

ただし、

・元々のオリジナル画像(JPEGとPNG)
・TinyPNGで圧縮したPNG画像
・TinyPNGで圧縮したJPEG画像
・JPEGminiで圧縮したJPEG画像
・JPEGmini圧縮したJPEG画像をさらにTinyPNGで圧縮したJPEG画像

と、1枚の写真が5枚になってしまうのがこの方法の難点でしょうか。

画像圧縮のまとめ

サイトの高速化はいろいろな施策がありますが、その中でも最も安心して取り組めるのが画像の圧縮です。

高速化するためにいろいろな機能をあれこれいじると、サイトに不具合が出る場合もあります。

私も実際、エックスサーバーの高速化機能で不具合が出て悩みました。

しかし、今回の方法で画像を差し替える場合は比較的リスクの少ないやり方なので、安心して作業が出来ると思います。

是非チャレンジしてみてください。