⇒PS4のおすすめ周辺機器10選+α!

【格安SIMレビュー】IIJmio・BIGLOBE・LINEモバイルを実際に使ってみた

私が格安SIMを利用し始めてからおよそ4年が経過しました。

IIJmioを3年、BIGLOBEを1年、LINEモバイルを先月からそれぞれ利用した経験があります。

今回の記事では実際に使ってみた格安SIMをレビューしていきます。

スポンサーリンク

格安SIMで良かったこと、ダメだったこと

私がどの格安SIMでも良かったと思えるのは、とにかく月の基本料金が安いこと

もうこれにつきます。

格安SIMを利用する前(2014年)は、auで月6500円ほどの使用料金でした。

格安SIMに変更以降は、基本的に月1600円ほどの使用料金となっています(※端末は中古の安物を購入したり、SIMフリー端末を別途購入しています)

・電話はLINE通話で代用できる
・Wifi環境あるから1~3GBで十分
・端末を長期間大事に使用するタイプもしくは安物の中古でも十分んだタイプ

これらに該当する方は格安SIMにすると満足度が高いと思います。

私は正直携帯にそこまでお金をかけたくなかったので、携帯を安く使う方法について調べたりしていたのが2014年ぐらいのころ。

そこで格安SIMで最初に目を付けたのは【IIJmio】というサービスです。

最初のMNPはIIJmio(みおふぉん)で大満足

IIJmioのみおふぉんは音声通話付きのSIMのことを指します。

当時はまだLINEモバイルやYモバイル等の【○○モバイル】系のサービスがなく、IIJmioのみおふぉんという格安SIMがかなり安かったのでIIJと契約しました。

auからIIJに変えただけで月の料金が5000円ほど安くなったのは結構衝撃的だったのを今でも覚えています。

この時はメルカリで中古端末を5000円ほどで購入しました。確かエクスペリアがまだ分厚かった頃の端末です(笑)

IIJのデメリット

・本人確認関係に少し手間がかかる
・本人名義のクレジットカードが必要

というのがデメリットかと。

※2015年からはデビットカードでの申し込みが出来なくなりました。

私の場合は2014年に申し込んでいたので、ジャパンネット銀行のデビットカードでも契約できていたのですが、今だとデビットカードが不可。

これもデメリットだと思います。

これらは契約する前のデメリットなので、契約完了後は不満なく利用できています

総評

上記のデメリット以外は特に不満なく、むしろ回線速度や3GB1600円の料金設定に大満足で、3年ほど利用しました。

昔のIIJmioはかなり安いサービスでしたが、今ではLINEモバイルなどのさらに安いサービスが登場したので、IIJが最強のサービスというわけではないのが正直なところですね。

ただIIJをきっかけに格安SIMを長年利用しようと決めたので、IIJに関しては結構良い思い出しかありません。

IIJのめらにっく的満足度
★★★★☆

次のサービスをBIGLOBE(ビッグローブ)に決めた理由

IIJを3年ほど満足して利用していましたが、キャッシュバックに引かれてBIGLOBEというサービスにMNPを決意。

確か当時は2万5千円のキャッシュバックを受け取ることが出来ました。

内訳は銀行振り込みが1万円ポイント還元が1万5千円ほどです。

契約して1か月以内にポイント付与、銀行振り込みは1年間の利用後に申し出する感じ。

SIMフリーのIphoneSEを所持していたため、いろいろな格安SIM会社を調べて悩んだ思い出があります。

SIMフリー=au・ドコモ・ソフトバンクのどの回線でも対応できる万能端末

BIGLOBEの場合は以前のIIJとほとんど料金が変わらず、また最低利用期間が1年で、かつキャッシュバックが魅力的という条件だったのが決め手です。

キャッシュバックはしっかり受け取れましたし、速度や料金設定も問題なくこれまた満足。

そして最低利用期間の1年が過ぎたので、また新しいサービスを調べ始めたのが2018年7月になります。

BIGLOBEのめらにっく的満足度
★★★★☆

現在はLINEモバイルを利用中

今まで利用した格安SIMサービスの中で、最も満足しているのがLINEモバイル

・半年間月300円(2018年11月6日まで)
・LINEは無制限で利用可能
・1GBでもWifiがあれば乗り切れる
・ソフトバンク回線が結構早い(体感)

感想はこんなところです。

電話しない・Wifi環境がある・LINEを多用する・SIMフリー端末持ち

の場合はLINEモバイルだと後悔しないのではないでしょうか。

私の場合は上記全てに該当しますが、めちゃくちゃ満足しています。

半年間は300円で、その後は1200円、最低利用期間は1年です(※1GBプランの場合)

後は体感ですが、ソフトバンク回線が普通に速い。

恐らくこれは2018年7月に開始したばかりで利用者が少ないのが理由だと思います。

今後どうなるのかは正直不明。

利用者が増えるにつれて、もしかしたら回線速度が今よりも遅くなる可能性は考えられます。

いうならばこれがデメリットでしょうか。

ただ、今のところ不満は一切ないので、最低でも1年は継続して利用させていただこうと思っています。

LINEモバイルのめらにっく的満足度
★★★★★

おまけ:家族にはYモバイルをすすめました

格安SIMは自分のライフスタイルによって最適なサービス会社が変わってくるのが正直なところです。

例えば電話を頻繁に利用する方は、この記事で紹介した【IIJmio】【BIGLOBE】【LINEモバイル】の料金に+電話かけ放題等のオプションをつける必要が出てきます。

すると、案外Yモバイル等の実店舗アリ系サービス会社と契約しても、結構悪くない料金に収まると思います。

実際、私の家族にはauからYモバイルに変えるようすすめました。

また、いろいろ料金シミュレーションを試してみましたが、電話料金を考慮したプラン探しだと、Yモバイルでも満足できるかと。

手間はかかりますが、この辺はやはり自分でいろいろ調べて、自分の使用用途に合った回線サービスを利用するべきですね。