【PESDB】ウイイレのアプデで能力が変わった選手の調べ方

PESDBの使い方

2019年2月のアプデにて、選手の能力値が大きく変更されています。

例えばネイマールのレベル30時総合値が94になったり、金から黒に昇格する選手が7人いたり。

結構大きなアプデなので、どの選手のどの能力値がどのぐらい変化したのか知りたいという方も多いかと思います。

そこで今回はウイイレのアプデで能力が変わった選手の調べ方を紹介します。

※PESDBでFPやレジェンド選手を調べたい場合は別の記事で詳しく手順を解説しています。
【ウイイレPS4&アプリ】PESDBでレジェンドやFP(注目選手)の能力値を調べる方法

PESDBでチェックする方法

能力が変わっている選手はめちゃくちゃ多いため、自分の目で確認するのはなかなかに大変です。

個人的に1番わかりやすかったのがPESDBを利用する方法

といっても、以下のリンクに飛ぶだけで確認可能です。

【PESDB】dlc4-modified-players
※外部サイトへ移動します。

当ブログで前回取り上げた「金から黒に昇格した7名の選手」は上記のPESDBさんを参考にしています。

海外のサイトなので英語中心になってしまうのが欠点ですが、それをカバーできれば非常に優れているサイトです。

公式並みの正確さと量が揃っているデータベース型サイトが「PESDB」になります。

PESDBの見方(使い方)

上記PESDBのリンクをクリックすると↓のような画面になります。

PESDBは基本英語表記なので、まずは画面左上【選択言語:日本語】に設定しましょう。

パソコンの方はPESDB上で【右クリック→日本語に翻訳】でも対応可能です。

すると日本語表示になります。

ただあくまで機械翻訳なため、訳がおかしい箇所も存在しますがそこはご了承下さい。

英語表記といっても、選手名やウイイレの専門用語がほとんどですので、ちょっと勉強すれば英語表記のままでも理解できるかと思います

確認できること

上記のPESDBのリンクページは、能力値が高い順に今回のアプデについて詳しく表記されています。

それではクリスティアーノ・ロナウドを例に見ていきましょう。

Posはポジションの意。今回ロナウドは登録ポジションがCF→LWGに変更されたのでこの表記となっています。

結局はCFもLWGもこなせるので、そこまで気にする必要はありません。

※海外と日本ではポジション名が異なります【AMFとOMF】【LWFとLWG】など

ポジションの下は各能力値の数値の変化を表しています。

レベル30時の能力値関連が40~99までの数値でずらずら続いていますよね。

これは、

  • 左の数値がアプデ前
  • 右の数値がアプデ後

をそれぞれ意味します。

例えば、上記画像ではStaminaが89→88となっています。

これはスタミナがアプデ前は89だったけど、アプデで88に修正されたということになります(※レベル30時)

能力値でわからない単語があった場合はコピペしてGoogle翻訳等を使用することで解決できるでしょう。

そして、上記画像の1番下に注目してください。

  • S01 Scissore Feint:0→1
  • S14 Dipping Shot:1→0

のところ。

これはスキルの変更点です。

1はスキル有、0はスキル無しを意味します。

そのため、

  • 0→1は今回のアプデで新しく付与されたスキル
  • 1→0は今回のアプデで失ってしまったスキル

ということです。

なので、例えばマンチェスターシティのサネ選手は今回のアプデでスキルが大量に追加されたため、0→1のスキルが多いです。

こんな感じで見ていけば、今回のアプデの変更点をより効率的に確認できると思います。

最後にPESDB利用時の注意点まとめです。

・英語表記が中心
・機械翻訳だと訳がおかしくなる箇所も
・海外の非公式サイト

是非PESDBを活用してみて下さい。