⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

【PS4モニターのおすすめは?】テレビとの違いは遅延にあり

「どんなモニターがPS4に向いているのかいまいち分からない」

と悩む方もいるかと思います。

最近はゲーミングモニターといったゲーム向けの電化製品が続々と新発売されますので、何が何だかさっぱりという時期が私にもありました。

今回はそんな私が実際にPS4モニターを買った実体験から、モニターの最適な選び方テレビとモニターの違いについて紹介します。

スポンサーリンク

PS4モニターとテレビの違いについて

まずテレビとモニターの1番の違いとして、応答速度の速さにあります。

いわゆる遅延

一例をあげると、eスポーツ(ゲームの大会)では、必ずといっていいほどモニターが使われています。

遅延(応答速度)とは

応答速度(ms)の数値が低いほど、ゲーム環境が優れています。

対人ゲームではテレビよりもモニターの方が応答速度が低く、有利に戦えます。オフラインプレイでもテレビよりも良い条件でゲームができます。

モニターは応答速度が速くテレビよりも液晶の表示画面の移り変わりが速いため、相手よりも画面の情報が多く得られているからです。

モニターを買うべき人とテレビでもOKな人

「毎日ゲームやるよ」
「オンライン対戦で勝ちたいよ」
「音ゲー・格ゲー・FPSやるよ」

という方はモニターの購入を検討する価値が十分にあります。

逆に、

「オンライン対戦には全く興味ないよ」
「ゲームはモンハンをちょっとやるだけ」

というライトゲーマー層の方は、無理してモニターを購入する必要はないと思います。

ゲームのためだけにわざわざモニターを買わなくても、ゲームを充分楽しめます。

また、モニターを買えば無条件で強くなれるというわけではありません

モニターはあくまで環境面で少し有利になるだけ。

対人ゲームで勝つにはそのゲームをやり込んで、分析と改善を繰り返していくことが1番です。

PS4モニターの性質(スペック)を詳しく知ろう

ゲーミングパソコンと比べるとPS4は性能が劣るため、モニターも無理にゲーミングモニターを買う必要はありません。

むしろ、PC向けの高額なゲーミングモニターを購入してもその性能を最大限に生かせない場合があるので注意が必要です。

個人的なおすすめスペック
・応答速度5m
・リフレッシュレート60Hz
・ノングレア(非光沢)
・HDMI1つ以上
・20~24インチ

このあたりを抑えたモニターを購入すると、PS4向けモニターとしては後悔しない買い物ができるかと。

何だか難しそうな単語がいろいろ出てきましたので、以下で詳しく解説します。

①応答速度ms

これは前述した通り、msが低いほどモニターとしてのスペックが優れていることになります。

PS4向けにモニターを購入する場合、5mか1mがおすすめ。

1mはちょっとお値段が上がります。

5m以内ならゲーミングモニターでなく、通常のモニターでも充分だと思います。

個人的には5mと1mの違いは体感できませんでした

②リフレッシュレート(走査周波数)Hz

1秒間に画面を更新できる回数でよく○○FPSなどといわれているものです。

PS4は最大60FPSなので、60Hzのものを選べば問題ありません。

参考PS3は30FPSなので30Hz。

100FPS(100Hz)以上を出したい場合はモニターだけでなく、モニターの性能を最大限発揮できる高額なゲーミングPCを購入する必要があります。

③光沢(グレア)と非光沢(ノングレア)

画面が暗い時に自分が反射で映り込むのが光沢(グレア)。

これはぶっちゃけ好み次第です。

私はゲームのムービーでの暗転シーンなどで自分の姿が画面に映るのがイヤなので、ノングレア一択でした。

④HDMI端子の数

HDMIはPS4とテレビを繋げるコード。

PS4を買うと付属品としてついてくるのがHDMIケーブルになります。

PS4だけに使うモニターならばHDMIは1つでもOK。

逆に、PS4とパソコンやPS4とswitchといった感じで、モニターに複数の用途がある場合はHDMIが2つあると結構便利になります。

めっちゃ安い大昔のモニターなどは、そもそもHDMIケーブル端子ないモニターもあるので注意

⑤IPSパネル/TNパネル/VAパネル

これは液晶パネルの駆動方式の違い。

ざっくりいうと、IPSは画面が綺麗だけど高価、TNは応答速度が速く安価、VAはその中間って感じです。

基本的に安めの価格帯のモニターはTNパネルがほとんどなのでTNパネルを選ぶことになると思います。

※IPSパネルのモニターを希望する場合、LGが安価で購入できます。

ぶっちゃけ、パネルはどれでもOKかと

⑥内蔵スピーカー

モニターにスピーカーが内蔵されているかどうかです。
ただ、スピーカーが内蔵されていたとしても、低価格帯のモニターはスピーカーの音質はあまり良くないため、内蔵スピーカーの有無は気にしなくてもいいかもしれません。

スピーカーが内蔵してない場合は、外付けスピーカーヘッドフォンで対応可能

⑦インチ

インチはモニターの大きさ。

iPhoneとかのインチと同じ単位のものです。

FPSの場合、モニターが大きすぎると見なければいけないところが多くなり、逆にプレイしづらかったり目が疲れやすくなる場合があります。

小さすぎず大きすぎずが理想。

個人的なおすすめは、20~24インチ

⑧保証

新品ならばだいたい保証が1年はあります。

メルカリやヤフオクで中古品を買う場合は出品者さんに保証について尋ねておきましょう。

保証やサービスを重視する場合、海外製よりも少し値を張りますがEizoという日本の会社のモニターという選択肢もあります。

 1万円台のPS4モニターのおすすめ候補

私は最終的にASUSのモニターを購入しましたが、結構BenQLGのモニターにも魅力を感じていました。

BenQは台湾の会社、LGは韓国の会社になります。

どちらもテレビ市場ではかなり有名なメーカー。

BenQについて詳しく

BenQはプロゲーマーがよく利用しており、YouTubeのゲーム配信などでロゴを目にすることがあるかと思います。

e-sportsの大会などにも使用されていたりいます。

一昔前までは低価格帯のモニターならBenQという感じでしたが、最近ではいろいろな会社が良いモニターを低価格で販売しています。

私のフレンドはBenQ勢が多い感じです

LGについて詳しく

LGはこの価格帯では珍しくIPSパネルを採用しており、発色が他のモニターよりも綺麗なのが特徴です。

安価でIPSパネルを求める場合はLGが第1候補になるでしょう。

LGのモニターを買う場合、ウルトラワイドだとPS4に向いていない可能性がありますので、よく調べた方が良いかもしれません。

PS4モニターを実際に買って感じたこと

私の話をしますと、去年までずっとテレビ(SHARPのAQUOS)でオンライン対戦ゲームをやっていました。

そしてモニターに変えてからはテレビとの違いが割と体感できるレベルでびっくりしました。

モニターに1万5000円ほどかけた価値は十分にあったと断言できます。

よく遊ぶゲームは、FPS・TPS・スポーツゲームなど

1番違いを感じられたのが、FPSゲームでのとっさの撃ち合いに勝てるようになった点。

お互い位置が分かってる場合での撃ち合いも、以前より楽しくなる感じです。

その他初音ミクProjectDIVAという音ゲーでも、明らかにスコアが上がっています。

私はASUSのモニターを購入しました

応答速度1mHDMI端子2つAmazonのタイムセールに月1ぐらいの頻度で登場するのが購入した要因です。

液晶漏れなどの初期不良がなく、5ヶ月以上経った今でも不具合なく頑張ってくれています。

1万円台のモニターではかなりコストパフォーマンスに優れています。

また、ブルーライトカットの機能をはじめ、色の調整など機能が豊富で自分に合ったモニターの設定が細かく調整できるのも見どころです。

今すぐ必要というわけではない人は、プライムデーやサイバーマンデー等の大型セールまで待つとかなりお安く購入できるかと。

まとめ

オンライン対戦をよく遊ぶ方はテレビからモニターに変えるのも十分アリだと思います。

テレビよりも遅延が少なく、より快適にオンライン対戦をすることが可能です。

モニター会社として有名なのは以下の5社。

ASUS、BenQ、LG、EIZO、Acer

ここから1~2万円程度のモニターを選ぶと、コスパ面で満足できます。

PS4プロを持っている方は4Kを重視してもう少し高いモニターに手を出してみてもいいかもしれません。

自分がモニターのどの要素を重視するのかで選ぶモニターは変わってきます。

是非自分に合ったモニターを見つけてみてください。