「ユーロPOTW第2弾」今週(6/24)のPOTW(週間FPガチャ)能力値まとめ【ウイイレ2021】

ウイイレ2021 PS4版&アプリ版】6月24日(木)のFPガチャ情報です。

先週に引き続き、今週もユーロのPOTWが登場しています。

おすすめ度
(3.5)

来週のNTS公式告知

  1. イングランド代表のFPガチャ
  2. ドイツ代表のFPガチャ

以下、6月24日ユーロPOTW♯2で登場したFPの細かい能力値です。

MEMO
※今後も同名FPが異なる能力値にて登場することがあります。また、画像はレベル1時点の能力値です。★は管理人独自のあくまでゲーム内における評価です

FPロナウドのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPロナウドはプレースタイル:ウイングストライカーのLWG

  • 決定力・ドリブル・ボールキープが+4
  • それ以外は+1ずつ

ヘディングシュート・ミドルシュート・ワンタッチシュートなど得点パターンが豊富にある生粋の点取り屋なのがFPロナウドの特徴です。

FPの中だと当然のごとく今作でも最強クラス

メッシは使いこなせると最強という感じですが、ロナウドは初心者の方でもわかるシンプルな力強さがあるのが魅力です。

このポジションは怪物級のCFが多くて激戦区ですが、このポジションを勝ち取ってスタメン固定できるだけの強さは間違いなくあります。

ただし今作のロナウドは通常版・FP版・IM版と様々なVerが無料配布されているので、このFPロナウドは「最近始めたばかりでロナウドの配布キャンペーンを逃してしまった」という方向けですね。

FPデブライネのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPデブライネはプレースタイル:チャンスメイカーのOMF

  • オフェンスセンス・ドリブル・キック力が+4
  • それ以外は+1ずつ

前作でも非常に優秀なOMFという立ち位置でしたが、今作ウイイレ2021のデブライネはさらに強くなっています。

今作のデブライネは能力値自体の向上に加え、コンディション安定度やスキルといった要素もさらに強化されているため前作以上に優秀な大当たりFPに。

逆足も使えてコンディション安定度もMAXの8と能力値以外の要素も隙がなく、人気・強さともに最高峰の選手ですよね。

今作のOMFのFPだと文句なしのトップクラスでしょう。

6月7日ベルギー代表FPガチャでは+2ベースの強化ですが、今回は+1ベースの控えめな強化に。

FPベイルのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPベイルはプレースタイル:ウイングストライカーのRWG

  • ドリブル・グラウンダーパス・フライパスが+8
  • それ以外は+5ずつ

ウインガーとしては決定力とキック力が非常に優秀で、シュート系スキルが豊富なのが特徴の選手になります。

強烈なシュートも撃てますし、クロスも上手いのでサイドからドリブル勝負をしかけたい方向け。

結構使っていて楽しいFPの1人ですね。

CFでも起用可能。

フィジカル値も結構高く、このタイプのウインガーFPは使っていて楽しいのでぜひ起用してみて下さい。

ちなみにSBの薄いポジション適正は今作でついに消えてしまいました(´・ω・`)

FPポグバのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPポグバはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

  • ボールキープ・フライパス・ボール奪取が+6
  • それ以外は+3ずつ

CMFとしてはオフェンス系能力・スキルが非常に優秀なのがFPポグバの特徴です。

身長も191cmと大柄でフィジカル値も高いので、能力値以上に強さを感じるのが魅力。

前作よりも守備力が下がってしまってはいますが、長身フィジカル強いテクニシャンタイプのCMFは非常に貴重な存在なので今作もポグバはかなり使用感が良いです。

非常に個性のある優秀なCMFなので個人的にはかなりおすすめなFPの1人ですね。

FPクリステンセンのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPクリステンセンはプレースタイル:ビルドアップのCB

  • キック力・フィジカルコンタクト・ディフェンスセンスが+8
  • それ以外は+5ずつ

守備力の高いCBです。

通常版ではそこまで高くなかったフィジカルコンタクトが今回+8と大きく伸びているのが非常に嬉しい点ですね。

クリステンセンは今作なかなかFPで登場する機会がなかったため、好きな方は今回GETする大チャンスに。

FPデュンフリースのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

FPデュンフリースはプレースタイル:攻撃的サイドバックのRSB

  • 瞬発力・ジャンプ・アグレッシブネスが+7
  • それ以外は+4ずつ

身長189cmと大柄でスピード・フィジカル値が両立しているのがFPデュンフリースの特徴です。

空中戦にも期待できますし相手WGにもフィジカル負けしづらいSBというのは珍しく、今作だと結構使いやすい部類のFPと言えるでしょう。

つい先日の6月21日オランダ代表FPガチャ(↓)に引き続き登場しています。

FPゴセンスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPゴセンスはプレースタイル:2列目からの飛び出しのLMF

  • オフェンスセンス・グラウンダーパス・瞬発力が+7
  • それ以外は+4ずつ

貴重なLMFの2列目からの飛び出し持ちであり、攻守にバランス良い能力値構成となっているのがFPゴセンスの特徴です。

LSBの濃いポジション適正がある特性上、LMFとしては守備力も高いのが嬉しい点。

フィジカル値も80を超えており、LMFに守備力を求める方には結構当たりFPかもしれません。

LMFありのフォーメーションに最適な人材ですし、攻撃的なLSBとして起用しても面白そうな能力値となっています。

FPロカテッリのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPロカテッリはプレースタイル:プレーメイカーのDMF

  • 決定力・瞬発力・キック力が+7
  • それ以外は+4ずつ

パスの上手さが特徴のDMFです。

パス値が高いだけでなく、パス系スキルも豊富ですし今回キック力も大きく伸びているので面白いような軌道のパスを出せるのが魅力ですね。

現在22歳で最大レベル上限はやや高め。

FPシャキリのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

FPシャキリはプレースタイル:チャンスメイカーのRWG

  • オフェンスセンス・決定力・キック力が+8
  • それ以外は+5ずつ

テクニックに秀でたタイプのウインガーなのがFPシャキリの特徴です。

スキル:スーパーサブ持ち

今回+5ベースで大きく強化されており、特に決定力はウインガーとしては充分な数値になっています。

スルーパス・ピンポイントクロスなどのアシスト系スキルも持っているのでゴール・アシストどちらも期待できるスーパーサブWGと言えますね。

シャキリは3月15日リヴァプールCS以来、久しぶりの登場に。

FPヤルモレンコのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

FPヤルモレンコはプレースタイル:ウイングストライカーのRMF

  • オフェンスセンス・ボールキープ・グラウンダーパスが+8
  • それ以外は+5ずつ

先ほどのシャキリ同様、テクニックに秀でたFPなのが特徴です。

オフェンスセンスの高さとパスの上手さは本職RMFのFPの中でもかなり優秀な部類に入ります。

身長190cmと大柄な選手ですが、ヘディング・シャンプ値は控えめな感じになっています。

今回が初登場FPなので欲しい方はこの機会にぜひ狙ってみて下さい。

FPディミトリエフスキのウイイレ2021能力値

評価
(3.5)

FPディミトリエフスキは今回のゴールキーパー枠です。

  • プレースタイル:守備的GK
  • スキル:低弾道パントキックは持っておらず
  • コンディション安定度:3
  • 身長:188cm

通常版から圧倒的に強化されての登場に。

GK関連能力値は+9~12ベースでの強化となっています。

コンディション安定度に不安要素があるため、FPディミトリエフスキをスタメン起用する場合はサブにもう1人GKを入れておくと安心できるかと。

まとめ

  • 今週はユーロPOTWの第2弾が登場中
  • 目玉FPはデブライネ・ポグバなど
  • 来週のナショナルチームセレクションはイングランド代表・ドイツ代表の2か国

今週のFPガチャシリーズ過去記事一覧はこちら

関連記事
歴代のFPガチャは(↓)の記事にまとめていますので興味のある方はぜひ。

ウイイレ2020のFPガチャ総まとめ ウイイレ歴代のFPガチャ総まとめ【今週のFPガチャシリーズ】