【ウイイレ2021】レジェンドまとめ暫定版!9月時点で登場した黒玉レジェンド47名の能力値

PS4版ウイイレ2021において、2020年9月時点で獲得可能なレジェンドの能力値をこの記事でまとめています。

9月28日~10月5日に開催されているレジェンドチェレンジ(COMチャレンジカップ)をクリアすることで黒玉確定レジェンドガチャ券が2枚もらえます。

このガチャ券で入手できる黒玉レジェンド合計47名(↑画像がリストです)の暫定まとめです。

もちろん今後ガチャなどでPS4版・アプリ版ともにレジェンドは新しく追加されると予想されますので、その際は記事下部に追加レジェンドの能力値を追記していきます。

特定のレジェンドの能力値を見たい場合は(↓)の目次から飛ぶと探しやすいです

目次(もくじ)

マラドーナのウイイレ2021能力値

MEMO
※はレベル1時点の能力値、★は管理人独自の評価です
評価
(5.0)

マラドーナはプレースタイル:ナンバー10のST

メッシと同じかそれ以上に高いオフェンス系能力を持っているのがマラドーナの特徴です。

何でも高水準でこなしてしまう万能なFWとなっています。

個人的にはCFでの起用がおすすめ。

数多くいるレジェンドの中でも突出して高い総合値をほこり、このクラスは今後来るであろうFPにも負けない能力値だと思います。

使用感でいうとFPメッシにかなり近いです。

クライフのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

クライフはプレースタイル:2列目からの飛び出しのST

オフェンス系能力が高いのが特徴です。

その上で

クライフの魅力

  • プレースタイル:2列目からの飛び出しである点
  • スピード・パス・決定力が素晴らしい点
  • コンディション安定度がMAXな点
  • 逆足精度がMAXな点

などがクライフならではの魅力といった感じですね。

どこで起用しても強いのですが、個人的にはOMFが1番良さを活かせるかと。

OMFは今後FPなどでたくさんライバルが登場してきますが、それらのライバルに負けないだけの魅力があるのがクライフです。

ジーコのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ジーコはプレースタイル:ナンバー10のOMF

今回のレジェンドの中でも日本人に特に知名度のあるのがこのジーコかと思います。

ジーコもウイイレではマラドーナと似て何でも高水準でこなせるテクニシャンタイプの存在です。

172cmと小柄なので小回りの利いたドリブルをすることができるのが魅力。

FPが存在しなかったウイイレ2018では結構見かけたりもしましたが、最近だとFPでこのクラスの能力値が出てくることもあり、なかなか対人戦では見かけない選手になってしまっています。

カーンのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

カーンはキーパーのレジェンド選手です。

  • プレースタイル:守備的GK
  • スキル:低弾道パントキックは持っておらず
  • コンディション安定度:8
  • 身長:188cm

レジェンドGKの中で最も総合値が高いのがカーンになります。

身長は188cmとGKの中ではそこまでダントツで大きいわけではありませんが、GK関連能力値はほぼカンストまで成長するので能力値的にはトップクラスの選手となっています。

バイエルンのクラブエディション特典のIMカーンはこちら(↓)

既にIMカーンを持っていると通常レジェンドの方のカーンはほぼ出番はないでしょう。

ロマーリオのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ロマーリオはプレースタイル:ボックスストライカーのCF

身長169cmと小柄ながらもスピード・瞬発力・ボディコントロールがかなり高くぬるぬる動くようなドリブルが出来るのが魅力です。

あくまで体感ですが、ウイイレ2018辺りはFPがおらずロマーリオはめちゃくちゃ強い環境だった印象があります。

ウイイレ2019・2020辺りだとCFはFPロナウド・FPムバッペ・FPメッシなどの最強FPを起用している方が多く、ここ最近はあまり対人戦でも見かけなくなっていました。

が能力値的には非常に優秀ですし、結構面白いタイプのCFなので当たった方はぜひ一度起用してみて下さい。

ロナウジーニョのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ロナウジーニョはプレースタイル:ナンバー10のOMF

サッカーに興味ない人でもロナウジーニョの名前はみんな知ってるぐらい有名な選手ですよね。

サッカースキル・テクニックがずば抜けており、ウイイレでもノールックパスなどの本人ならではな動きも魅せてくれます。

オフェンス系能力全般が高く、また決定力もOMFとしては非常に高いのが魅力です。

ベッケンバウアーのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ベッケンバウアーはプレースタイル:ビルドアップのCB(センターバック)

攻撃~守備まで何でもできる超理想的な能力値構成をしているのが特徴のレジェンドです。

守備力があってスピード・フィジカルが高いというウイイレでは非常にありがたい3拍子そろった貴重な人材に。

CBだけでなくSB・DMF・CMFとどこでもトップクラスの能力を発揮できます。

ただし身長は181cmとそこまで高いわけではないので、個人的にはSBかDMF辺りがおすすめの起用位置ですね。

ベッケンバウアーはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

ルンメニゲのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ルンメニゲはプレースタイル:ラインブレイカーのST

通常版現役選手・FP・レジェンド・アイコニック含めたすべてのFWの中でもトップクラスに位置する神のような存在です。

ロナウド・メッシらと並びウイイレ界の頂点に立つ強さを誇ります。

オフェンスセンス・決定力・スピード・キック力辺りが申し分ない能力値となっているため、裏抜けからの理不尽なゴールをたたき込むことが可能。

正直言葉で表現しなくても対人戦をやっていればルンメニゲの強さというのは実感させられるかと思います(笑)

異次元の強さ( ゚Д゚)

ルンメニゲはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

PS4版だと継続プレー特典か今回のレジェンドチャレンジ報酬でルンメニゲをとれるかどうかである程度レートも変わってくるレベルで今作も最強の1人ですよね。

イニエスタのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

イニエスタはプレースタイル:2列目からの飛び出しのCMF

現在はヴィッセル神戸でプレーしているのでウイイレプレイヤーにも非常になじみ深いイニエスタがレジェンドとなって今作も登場しています。

ちなみに通常版の現役イニエスタも獲得可能です(総合値85の黒玉CMF)

CMFとしてはトップクラスにドリブル・パスが上手いのが特徴です。

スピード・フィジカル・身長が高いわけではないので使い方は少し難しいのですが、使いこなせると非常に楽しいレジェンドの1人でしょう。

イニエスタはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

IMイニエスタはIMメッシ・IMプジョルらと一緒にバルセロナの恩恵を受けられますのでバルセロナクラブエディションを買った方には当たりのIMかと。

ベルカンプのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

ベルカンプはプレースタイル:チャンスメイカーのST

先ほどのジーコと似た使用感のテクニシャンタイプであり、何でも高水準でこなせるレジェンドとなっています。

身長は188cmとテクニシャン系としてはやや大柄なのも特徴の1つ(ジーコは172cm)

オフェンス系能力は非常に高いですが、このクラスはFPでも今後出てくるであろうと考えられるのが正直なところです。

ベルカンプはPS4版ウイイレ2021アーセナルクラブエディション特典・PS4版ウイイレ2021継続プレー特典に登場済み。

アーセナルクラブエディション特典(↓)

継続プレー特典(↓)

ファンバステンのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ファンバステンはプレースタイル:ボックスストライカーのCF

オフェンスセンス・キック力・決定力がCFとして充分に高く、その上で

ファンバステンの魅力

  • スピード・フィジカルもともに80超え
  • スキル:ワンタッチパス持ち
  • 両足で蹴れる
  • コンディション安定度も高め

なのがファンバステンの魅力です。

万能なボックスストライカーのCFであり、1TOPや2TOPのCFに最適な人材と言えますね。

ファンバステンはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

特にIMファンバステンは今後来るである怪物級CFとスタメンを争えるだけの能力値は間違いなくある当たり特典IMと言えるでしょう。

ヴィエラのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ヴィエラはプレースタイル:ハードプレスのDMF

ルンメニゲがFW最強レジェンドならばヴィエラはMF最強レジェンドと言えるぐらいに優秀な中盤の選手です。

ヴィエラの良い点まとめ

  • スピード値が優秀
  • 守備力はCBクラス
  • フィジカルもめっちゃ強い
  • 身長192cm
  • コンディション安定度:8
  • オフェンス系能力値も全体的に高め

という特徴があり、唯一無二感のある超有能なレジェンド選手でしょう。

DMFに置いて守備の要としても重宝しますし、CMFに置いて攻撃にも貢献できる能力値構成をしており中盤ならばどこで起用しても最強クラス。

もし今後スカウトでレジェンドが取れる場合にルンメニゲと並んでトップクラスにおすすめなレジェンドの1人!

ヴィエラはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

ネドヴェドのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ネドヴェドはプレースタイル:ボックストゥボックスのLMF

スタミナがレベル1時点で98と非常に高く、味方のペナルティエリア~敵のペナルティエリアまで縦横無尽に走り回るタイプのサイドアタッカーです。

守備力もやや高く、OMFはもちろんCMFでも起用が可能となっています。

決定力もMFとしては充分ですのでライブアプデB固定ならスタメンで起用できる優秀なレジェンドでしょう。

またアシストやゴールに直結するスキルも多いのが魅力です。

ネドヴェドはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

IMネドヴェドはスキルの空き枠がありませんが、レジェンドネドヴェドは好きなスキルを追加することが可能です。

バティストゥータのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

バティストゥータはプレースタイル:ボックスストライカーのCF

オフェンスセンス・決定力・キック力・フィジカルコンタクトとCFに必要な能力値がピンポイントで高いCFとなっています。

特にキック力はカンストまで成長し、手持ちのシュート系スキルと合わせて非常に強力なシュートを撃つことができるのがロマンを感じますよね。

ワンタッチパスもCFについているとありがたいスキルの1つですね。

スキルの空き枠が1つあるので好きなスキルを追加することが出来ます。

フリットのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

フリットはプレースタイル:ナンバー10のOMF

かなり面白い能力値をしていて、様々なポジションで活躍できる万能なレジェンドなのが特徴です。

190cmと高身長でフィジカルコンタクトも高いので、空中戦に強かったりドリブルしながら相手を背負えるなど独特な使用感に。

かなり派手な特徴をしており、唯一無二感のあるレジェンドとなっています。

CBの濃い適正があり守備能力もOMFとしては高め。

ただ個人的にはCFの起用が1番おすすめですね。

フリットはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

ベッカム(24歳Ver)のウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ベッカム(24歳Ver)はプレースタイル:クロサーのRMF

まずベッカムは様々な種類が存在していて非常にややこしいのでまとめます。

ベッカムの種類まとめ

  1. 24歳版レジェンドベッカム(この見出し)
  2. 27歳版レジェンドベッカム(※後述)
  3. PS4版ウイイレ2021マンチェスターユナイテッドクラブエディション特典IMベッカム
  4. 継続プレー特典IMベッカム

それぞれ能力値・プレースタイルなどが異なりますが、試合に出せるのは1ベッカムだけなので、IMベッカムを持っている方にとってはレジェンドベッカムは低チーム力縛りなどでしか起用する機会はないかもしれません。

あとは最大レベル上限の関係から若いベッカムの方が基本強いです。

PS4版ウイイレ2021マンチェスターユナイテッドクラブエディション特典IMベッカム(↓)

スピードに特徴があり、最大レベル上限も高め。

継続プレー特典IMベッカム(↓)

フィジカルが高く、代わりにスピードが落ちています。

4つの中だとPS4版ウイイレ2021マンチェスターユナイテッドクラブエディション特典IMベッカムが1番優秀でしょう。それ以外のベッカムもみんな強いのでぜひ起用してみて下さい。

フィーゴのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

フィーゴはプレースタイル:ウイングストライカーのRWG(右ウイング)

ワンタッチパス持ちでカーブ値が高く、ピンポイントクロス・コントロールカーブ・アウトスピンキックなどを持っているのでボールを持った時に選択肢の多いウインガーなのが特徴です。

スピードと決定力はそこまで高いわけではありませんが、スキルがとにかく優秀なので上手く使いこなせると良さが活きるかと。

マルディーニのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

マルディーニはプレースタイル:攻撃的サイドバックのCB

守備力が高く、パス・足元が上手いタイプのDFなのが特徴です。

本職CBですが、プレースタイルはサイドバックのものと珍しいタイプのDFでもあります。

前作ではSB→CBにしてマルディーニを4CBの端っこに置くという戦法が非常に強力でしたが、今作のPS4版では4CBが出来ない仕様に(SB→CBに変更不可)。

そのためまた前作とは違った使用感になるかと思いますが、それでも非常に優秀なDFであることは間違いありません。

マルディーニの起用法

  • CBで起用(特に3CBにおすすめ)
  • SBとして攻撃的に起用
  • SBでコンセプトアレンジ:ディフェンシブをつけて守備的に起用

などなど様々な形で応用がきくレジェンド選手ですし、現状の守備陣不足の状況ならば今作でも大当たりのレジェンドでしょう。

トッティのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

トッティはプレースタイル:ナンバー10のST

ジーコやベルカンプなどと似ており、オフェンス系能力が全般的に高いのが特徴の選手です。

こうしたファンタジスタタイプとしてはフィジカル値がやや高め。

少し前のセリエを見ていた方などはトッティがのどから手が出るほど欲しい存在かもですね。

中田英寿選手との共演という夢のようなスカッドも出来るのが最近のウイイレの魅力でもあります(笑)

ロベルトカルロスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

ロベルトカルロスはプレースタイル:攻撃的サイドバックのLSB

キック力とカーブが非常に高く、FKやCKを蹴るときにとにかくロマンのあるレジェンドとなっています。

確かウイイレ2019アプリ版の時に「SIM戦でロベルトカルロス選手がCKを蹴る際にゴールラインを割ってしまう不具合」みたいな告知が公式から出されていました(笑)

それぐらいカーブのかかるえげつないキックが出来るのがロベルトカルロスの魅力です。

またスキルもCFのようなスキル構成になっており、攻撃参加できるSBが好きな方におすすめ。

唯一無二感のあるLSBなので他のFP系SBとはまた違ったメリットがあるのも良いですよね。

ロベルトカルロスはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

リヴァウドのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

リヴァウドはプレースタイル:ナンバー10のOMF

ジーコ・ベルカンプ・トッティなどと似たタイプでオフェンス系能力が全体的に高いテクニシャンタイプのOMFとなっています。

特に足元系の能力値とスキルが卓越しており、ドリブル好きの方におすすめなレジェンドでもあります。

ピルロのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

ピルロはプレースタイル:プレーメイカーのDMF

今回のレジェンド選手の中だと若い方にもかなり親しみのあるかと思います。

ちなみにウイイレ2021では監督としても登場中。

パス値がMFとしてトップクラスに高く、高精度なパスを出せるのがピルロの魅力です。

最近の対人戦だとスピード・フィジカル・身長が重要視されるためSIM戦・COM戦での起用が個人的にはおすすめ。

マテウスのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

マテウスはプレースタイル:ボックストゥボックスのCMF

守備力がCMFとしては非常に高く、その上でスピード・瞬発力も高いというウイイレで重宝するタイプなのがマテウスの特徴です。

オフェンス系能力も悪くないですし、コンディション安定度もMAXの8と非常に使いやすい良いレジェンドでしょう。

欠点を1つだけ上げるとすると身長が173cmと小柄な点でしょうか。

PS4版ウイイレ2021も前作に引き続きやはり身長が高い選手のが色々と恩恵を受けるイメージが個人的にはあるので、やはり中盤のレジェンドならマテウスよりもヴィエラの方が強いかと思っています。

ヴィエラは191cmでフィジカルが強い点からマテウス以上にボールを奪ってくれる使用感ですね。

ただもちろんこれはヴィエラが規格外に強すぎるだけなので、マテウスもレジェンドの中だと優秀なCMFに入りますしFPとも競える良いレジェンドで間違いありません。

デルピエーロのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

デルピエーロはプレースタイル:ラインブレイカーのST

スキル:コントロールカーブがついており、例の角度から巻いた高精度なコントロールシュートを打てるというのがデルピエーロの特徴です。

昔のサッカー好きには喉から手が出るほど欲しいレジェンドの1人ですよね。

独特な使用感でもあるので、今後出てくるであろう高い総合値のFPとは区別化できているのがレジェンド選手としては良い点だと思います。

デルピエーロはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

プジョルのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

プジョルはプレースタイル:ハードプレスのCB

コンディション安定度がMAXの8で守備力・フィジカルともに高いCBなのがプジョルの特徴です。

また今作のPS4版ウイイレ2021では4CBが出来ない仕様上からRSBの濃いポジションがあるのも嬉しい点。

スキルの空き枠が1つあるので好きなスキルを追加することが出来ます。

現状のDF不足の状況ならばRSBとして最高の人材と言えるでしょう。

プジョルはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

IMプジョルの場合はバルセロナクラブエディションのIMメッシとともに能力UPの恩恵を受けられるのが強みですね。

ランパードのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ランパードはプレースタイル:2列目からの飛び出しのCMF

特に攻撃面に魅力のあるCMFです。

2列目からの飛び出しで前線に出て、持ち前の高いキック力と決定力を活かしたミドルシュートを撃つことができます。

それ以外にもオフェンスセンスが高かったりパスが上手かったり守備がそれなりに高かったりとバランスの良い構成となっているのがランパードの特徴です。

結構独特な使用感のCMFなので当たった方はぜひ一度起用してみて下さい。

ライカールトのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ライカールトはプレースタイル:プレーメイカーのDMF

ヴィエラと似たタイプであり、高身長(190cm)でフィジカルが強く守備力もあるという守備に魅力のあるMFなのがライカールトの特徴です。

レジェンドの中でも大当たりクラスに良い使用感であり、特に守備面において能力値以上に強く感じる選手となっています。

ヴィエラと横に置くと中盤の守備はめちゃめちゃ固くなります(笑)

スキルも優秀でボールキープ値やパス値が高いのも使いやすさの要因の1つでしょう。

ライカールトはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

IMライカールトを持っていない方には今回のレジェンドライカールトは大当たりの存在です。

シャビのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

シャビはプレースタイル:プレーメイカーのCMF

足元の技術とパス制度が非常に高いのが特徴の選手です。

イニエスタやピルロ同様サッカーゲームではなかなか表現しづらいような上手さを兼ね備えている選手ですね。

対人戦のガチスカッド環境だとなかなか使いどころが難しい能力値構成ですが、イニエスタ・プジョル・IMメッシなどと同じスカッドを組めるのはとにかくロマンしか感じませんよね。

カシージャスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

カシージャスはレジェンドのGK枠の1人。

  • プレースタイル:攻撃的GK
  • スキル:低弾道パントキックは持っておらず
  • コンディション安定度:7
  • 身長:185cm

スペイン代表やレアルで長く活躍したGKです。確か中島選手の所属するポルトで昨シーズン引退したかと思います。

身長は185cmとGKとしてはそこまで大柄ではありませんが、GKセンスが非常に高く反応が素晴らしいGKに。

GKに関してはFPで簡単に強いキーパーが手に入ってしまうためなかなか見かけませんが、カシージャス好きの方はスタメン起用しても全然おかしくない能力値となっています。

ベッカム(27歳Ver)のウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ベッカム(27歳Ver)はプレースタイル:ボックストゥボックスのRMF

先ほど紹介した通り、前述の24歳Verベッカムとは能力値・プレースタイル・最大レベル上限などが異なります。

ちなみに24歳Verの方が貴重かつ優秀といった感じです。

ベッカムについては前述したのでここでは割愛します。

スコールズのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

スコールズはプレースタイル:プレーメイカーのCMF

高いキック力から強烈なミドルシュートやらえげつない軌道のロングパスを出すことができるのがスコールズの魅力です。

コンディション安定度もMAXでシュート系・パス系スキルが豊富な能力値構成となっています。

カフーのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

カフーはプレースタイル:攻撃的サイドバックのRSB

無尽蔵のスタミナを持つSBなのがカフー最大の特徴です。

SBとしてはオフェンス系能力も高く、オフェンス系スキルが豊富についているのがカフーの強みと言えるでしょう。

欲を言うと、前述のロベルトカルロスみたいにもっとFP選手たちとはかぶらないような独特な特徴が欲しかったような気もしています。

デニスローのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

デニスローはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

裏抜けが得意なタイプであり、オフェンスセンス・決定力が高いのが魅力の選手です。

身長は175cmですが、ジャンプ・ヘディングも非常に高い能力値となっているのも特徴の1つ。

逆足でも蹴れますし、スキル:ワンタッチパスも持っているので結構面白いラインブレイカーって感じですね。

チェフのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

チェフはGKレジェンドの1人です。

  • プレースタイル:守備的GK
  • スキル:低弾道パントキック持ち
  • コンディション安定度:6
  • 身長:196cm

196cmと大柄で守備的GKなのが特徴のレジェンドGKです。

GK関連能力値だとクリアリングが低いものの、それを気にさせないぐらい高身長というのが大きなメリットとなっています。

今作も前作に引き続きFPのキーパーが多く登場してきますが、チェフ好きの方はスタメンで起用しても全然面白いかと。

クライファートのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

クライファートはプレースタイル:ポストプレイヤーのCF

身長188cmでフィジカルが強い、レジェンドとしては珍しいポストタイプの選手です。

空中戦強い・決定力高い・逆足蹴れる・ワンタッチパス持ちということでポストプレイヤーの中だと動かしやすいかと。

中田英寿選手のウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

中田英寿選手はプレースタイル:チャンスメイカーのOMF

体の強さとパスの上手さが光る能力値となっています。

中田英寿選手はPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

IMの方はスキル:スーパーサブがついているといった違いも存在します。

ソルキャンベルのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

ソルキャンベルはプレースタイル:----(プレースタイルなし)のCB

守備能力+フィジカル+スピードが特徴のDFです。

特にスピード値がレベル1時点で84とかなりの快速CBとなっています。

このフィジカルの強さでこの速さというのは結構珍しく予想以上に使用感は良好です。

現状のDFライン不足の状況だと当たりレジェンドと言えるでしょう。

また、プレースタイルなしというレジェンドとしては珍しい特性に。

プレースタイルがない=ダメというわけでなく、プレースタイルなしというのもそれもまた1つのプレースタイルと言えるかもしれません。

マイケルオーウェンのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

マイケルオーウェンはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

最大レベル上限が非常に高いのがオーウェン最大の特徴です。

育成はかなり大変ですが、育成することでFPともスタメン争いできるほどの総合値へと成長します。

レベルマックスだとだいたい(↑)から各能力値が+7ほど上がるため、

  • オフェンスセンス
  • 決定力
  • スピード
  • 瞬発力

が90後半へと成長するラインブレイカーというとかなりロマンを感じますね。

ただ今作の育成は結構きついのでどちらかというと課金に余裕のある方向けのレジェンドとも言えます。

フェルナンドトーレスのウイイレ2021能力値

評価
(5.0)

フェルナンドトーレスはプレースタイル:ラインブレイカーのCF

オーウェン同様、最大レベル上限が非常に高いのが魅力のレジェンドです。

オフェンスセンス・決定力・瞬発力辺りはオーウェンの方が若干高いものの、フィジカルコンタクトはフェルナンドトーレスに軍配が上がります。

フィジカルコンタクトは特にラインブレイカーのCFの最も欲しい能力値なのでレベマオーウェンとレベマトーレスだと個人的にはトーレスの方が強いかなって気はします。

フェルナンドトーレスはPS4版ウイイレ2021継続プレー特典にも登場済み。その際の能力値はこちら(↓)

IMトーレスはオフェンスセンス・決定力が大きく伸びており、育成することで怪物級のCFへと成長します。

育成は非常に大変ですが育成するだけの価値はあるIMでしょう。

パクチソンのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

パクチソンはプレースタイル:ボックストゥボックスのLMF

ネドヴェドと似たタイプであり、スタミナ値が非常に高くて自陣から相手陣地まで走りまわってくれるサイドアタッカーなのが特徴です。

決定力はそこまで高くないですが、スキル:インターセプト・ピンポイントクロス・コントロールカーブと対人戦で使える優秀なものがそろっています。

フェンデルファールトのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

ファンデルファールトはプレースタイル:ナンバー10のOMF

ジーコ・ベルカンプ・トッティ・リヴァウドなどと似たタイプのテクニシャン系OMFレジェンドです。

ゴール・アシストに直結するスキルを多く備えていて逆足でも蹴れるのが魅力。

ベベトのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

ベベトはプレースタイル:ボックスストライカーのST

逆足精度・頻度・コンディション安定度がすべてMAXのFWです。

デコのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

デコはプレースタイル:チャンスメイカーのOMF

ドリブルと足元の技術が光るOMFのレジェンドです。

決定力はそこまで高くはありませんが、シュート系スキルは豊富ですしゴールアシストともに狙えるOMFとなっています。

アルシャビンのウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

アルシャビンはプレースタイル:2列目からの飛び出しのLWG

スピードがあってドリブルの上手いのが特徴です。

個人的には本職のウイングよりもOMFやLMFでプレースタイルの2列目からの飛び出しを活かす形の方がアルシャビンの良さは出そうかなという感じはします。

ロベールピレスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

ロベールピレスはプレースタイル:ウイングストライカーのLMF

オフェンス能力全般が高く、何でもこなせるタイプの万能サイドアタッカーなのが特徴です。

特にスキル構成が非常に素晴らしくてLMFとしてはかなり理想的。

小野伸二選手のウイイレ2021能力値

評価
(4.0)

小野伸二選手はプレースタイル:チャンスメイカーのOMF

足元の技術とパスの上手いテクニシャン系レジェンドです。

数少ない日本人レジェンドということもあり、喉から手が出るほど欲している方もいらっしゃるかもしれません。

両足使えてスキル構成がよく、最大レベル上限が高いのが魅力となっています。

ただしコンディション安定度は2と低めなのでスタメン起用する場合はサブに同じポジションの選手を用意しておくのがおすすめ。

モリエンテスのウイイレ2021能力値

評価
(4.5)

モリエンテスはプレースタイル:ボックスストライカーのCF

オフェンスセンス・決定力・キック力・フィジカルコンタクトとCFの欲しい4要素が高いので、総合値以上に強く感じるタイプのレジェンド選手です。

スキル:スーパーサブ持ちなのもレジェンドとしては貴重な存在に。

FPやIMの登場でチーム力無制限ガチスカッドだと少し厳しいかもしれませんが、チーム力制限のある縛りスカッドの場合はかなり有能なCFでしょう。

特にPS4版だと現状開催されているU2999以下のスパサブCFとしては最適な人材かと。

  • ルンメニゲ
  • ヴィエラ
  • ライカールト
  • ベッケンバウアー
  • ファンバステン
  • クライフ
  • オーウェン
  • キャンベル
  • フェルナンドトーレス
  • マルディーニ
  • プジョル

辺りは特に別格な感じがありますね!

終わりに
ここまでが9月時点で獲得できるレジェンドの能力値まとめです。このほかに新レジェンドや金レジェンドなども今後登場してくるはずなので、登場次第以下に追記していきます。もしくは記事があまりにも長くなりすぎたのでどこかで分割するかもです(;・∀・)