【ウイイレ2020】クロップ監督がいない?実はゲールノートツァイツラーという偽名で収録!【ウイイレアプリ2020】

「ウイイレ2020でクロップ監督が見当たらないんだけど!」

と不安になっている方、安心してください。

結論から書くと、

★ウイイレ2020では【ユルゲンクロップ】という実名ではなく【ゲールノートツァイツラー】という偽名で収録

★理由はリヴァプールライセンスがウイイレ2019で終了となったため

となります。

本文では結論の詳細やウイイレ2019と2020でのクロップ監督の能力比較などをしていきます。

MEMO
2019年10月8日追記:アプリ版の方向けの見出しを追記しました
MEMO
2019年10月10日追記:
クロップ監督が433の3CFで登場しました。かなり強いと思われるので興味のある方はお早目にご獲得しておくことをおすすめします

ウイイレ2020でのクロップ監督=ゲールノートツァイツラー

クロップ監督の詳細はこちら。

※監督の情報は2019年9月12日時点の能力です
※今後フォーメーションや戦術が変わることも充分ありえます

名前こそゲールノートツァイツラーになっていますが、国籍ドイツでリヴァプールの監督なのでクロップ監督で間違いありません。

例えばウイイレ2019ではシメオネ監督がクリストバルブエナという偽名で収録されていましたよね(↓画像)

これと同じ現象がクロップ監督にも訪れてしまったようです。

こうして名前が変わったのはライセンスの影響によるものだと考えられます。

ウイイレ2019ではリヴァプールのライセンスがあり、

  • 監督が実名で収録
  • リヴァプールのクラブセレクション(FPガチャ)が登場
  • リヴァプールのユニフォームやスタジアムでウイイレが遊べる

などいったメリットがありました。

しかしながらウイイレ2019ではリヴァプールのライセンスがなくなり、その代わりにマンチェスターユナイテッドが新たなパートナーシップ契約に。

リヴァプールがウイイレ2020で偽名に 【ウイイレ2020】リヴァプールライセンスが消滅して偽名に?今後どうなるのかなど予想

リヴァプールのライセンスが無くなったことで、クロップ監督を実名→偽名に変わってしまいました。

ちなみに監督以外でもリヴァプールに関するマイナスな出来事があります。

  • リヴァプールの選手がFPになる回数が減るかも
    (=リヴァプール専用のクラブセレクションが出ない可能性)
  • リヴァプールのレジェンド選手の一部が非搭載になる可能性(※真偽不明)
  • リヴァプールのユニフォームやスタジアムが使用できなくなる

など。

MEMO
10月8日にウイイレアプリ2020特設サイトより搭載非搭載の確認ができるようになりました。

ウイイレ2019と2020のクロップ監督比較

次にクロップ監督は名前以外にも2019→2020で変更された箇所があるので、そちらを紹介します。

2020クロップ監督がこちら↓

2019クロップ監督はこちら↓

※↑画像ウイイレ2019のクロップ監督はマネージメント能力向上というアイテムを複数使用しており、マネージメント能力が785に成長しています
分かりづらくて申し訳ないです

最近のウイイレは監督のフォーメーションが変わって登場することもありますよね。

そのため完璧な比較というのは難しいですが、みなさんが1番イメージしやすいクロップ監督だと思われる433で比較してみました。

マネージメント能力が大幅にUP

★マネージメント能力

  • ウイイレ2019:685(多分)
  • ウイイレ2020:910

まず、マネージメント能力がかなり上がっていますよね。

ただしこれはウイイレ2020のほぼ全ての監督に当てはまります。

全ての監督のマネージメント能力が大幅に上がっているのがウイイレ2020の大きな特徴

これは前作ウイイレ2019のFPによる重コストが原因でしょう。

ウイイレ2019ではFPの新登場でマネジメントコストがかつかつになりがちだったので、マネージメント能力向上が重要なアイテムでした。

しかしウイイレ2020ではFPの重コストを公式側が考慮してくれたのか、監督のマネージメント能力にかなり余裕ができるような監督システムに。

なので、ウイイレ2020はマネージメント能力を気にしてなくてOKですし、マネージメント能力向上を持っていなくても全然問題ないレベルです。

なのでマネージメント能力の向上はプラスだけどクロップ監督に限ったことではないという話です。

後はそこまで変化はありません。

  • ポゼッション・ショートパス・中央
  • フォアチェック・アグレッシブ・中央

のコンセプトは2019のまま引き継がれています。

ウイイレアプリ2020特設サイトの搭載情報について

MEMO
この見出しは2019年10月の追記内容です。主にウイイレアプリユーザーの方に該当します

2019年10月8日にウイイレアプリ2020特設サイトにて、監督の搭載情報の確認ができるようになりました。

本題はここからで、搭載情報の監督検索欄に「クロップ」と入力して検索すると、「該当する監督はいませんでした」との表示になります(↓画像)

一瞬「非搭載なのかな」と不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、安心してください。

ですが、クロップ監督はゲールノートツァイツラーという偽名でしっかり収録されるかと思います。

「ゲール」と検索するとゲールノートツァイツラー収録されるのが上記画像で確認できますよね。

なので、クロップ監督はウイイレアプリ2019→2020で実名→偽名になるかと思います。

まとめ

クロップ監督はウイイレ2020でゲールノートツァイツラーという偽名収録に

偽名になってしまったことで親近感は湧かないかとは思いますが、偽名=弱くなったなんてことは決してないと思います。

シメオネ監督(クリストバルブエナ)はウイイレ2019でも非常に強かったですよね。

ただウイイレ2019と2020ではゲームの仕様や環境が異なるので、ウイイレ2020でクロップ監督がどのぐらい強いかというと、まだなんとも言えないところはあります。

ウイイレ2019ではかなり優秀な監督の1人だったので、ウイイレ2020でもGPを出して獲得するだけの価値はあるかと思います。

2019年9月22日追記:
PS4版のウイイレ2020ではレート上位の方のスカッドを確認することが出来ますが、フェルナンドサントスやシメオネなどの2トップが主流です。
※PS4ウイイレ2020の場合
※2019年9月時点のオンライン環境

2019年10月10日追記:
現在PS4版ウイイレ2020で433の3CFクロップが登場しています(終了時期未定)

私自身、ウイイレ2018・2019ともに強いと感じており結構重宝していました。興味のある方はぜひクロップ監督を獲得してみて下さい。