⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

【2019年】セスクファブレガスがモナコへ移籍!ウイイレへの影響を紹介

アーセナルやバルセロナ、スペイン代表で活躍したセスク・ファブレガス。

2014年からはチェルシーで主力として試合に出ていましたが、

2019年1月、チェルシー→モナコへの移籍が発表されました。

先日の1月13日のモナコ対マルセイユ戦に出場しており、既にモナコの一員として新天地での活躍が期待されています。

今回はセスクの移籍がウイイレに及ぼす影響について紹介します。

スポンサーリンク

ウイイレ2019でのセスクの能力値

※レベル30時の能力値

セスクのウイイレ2019での能力値は↑の通り。

総合値85で、ギリギリ黒玉となっています。

オフェンス系能力が高く、特にパスの正確さとフリーキックの精度は魅力的。

また、スキルも豊富に揃っているのが特徴です。

しかし、スピード・瞬発力が60台なのがデメリット。

今作は新ガチャ要素のFPにより、足の速い選手が当たり前のようになっている環境です。

そのため、スピード・瞬発力ともに80以上欲しいところ。

その点でいうと、今作のセスクはちょっと使いどころが難しい選手となっています。

また、来作にて黒から金に降格してしまう可能性があるので、アプリ勢の方は今無理に獲得する必要はないかもしれません。

関連記事ウイイレ2020で黒から金に降格しそうな選手を予想してみた

モナコはクラブセレクションでのFPが期待できる

2019年1月現在、セスクの移籍はまだウイイレ2019内では反映されていません。

そのため、現状はロンドンFCの所属となっています。

ロンドンFC(ウイイレでの偽名)=チェルシー(現実世界のチーム名)

今までのセスクは、ウイイレのライセンスがなく偽名のチーム所属(ロンドンFC)でした。

しかしながら、今回移籍したモナコはウイイレのライセンスがあり、クラブも実名で登場しています。

ウイイレ2019ではクラブセレクションとして、モナコに所属する選手の中から8名がFPになっています。

FPペッレグリの時ですね

また、プレイヤーオブザウィークにもモナコの選手は多数FPガチャに収録されています。

関連記事Featured Player(フィーチャードプレイヤー)とは?【ウイイレFP】

なので、セスクの移籍による第一のメリットはFPで登場しやすくなる点。

ウイイレ2019では既に一度、クラブセレクションが登場済み。

もう一度クラブセレクションが収録される場合にセスクが出てくる可能性は十分あると思います。

モナコは2部に降格してしまう可能性アリ

ただし、1つ大きな問題があります。

モナコが2部に降格してしまったら、

・クラブセレクションとして登場しない可能性
・セスク自体の能力値が大きく下がる可能性

などが存在します。

2019年1月17日現在、モナコはリーグアンにて19位。

リーグ戦20試合を終えて、勝ち点はわずか15。

下から数えて2番目の順位に位置しています。

ちょっと前はムバッペやらレマルやらといった優秀な若手選手がたくさんいて、CLでもドルトムントを破るなど、勢いのあるチームでした。

しかしながら、あまりに選手が活躍しすぎて、将来有望な選手が他クラブへどんどん移籍してしまいます。

2018/2019シーズンはリーグ開幕から絶不調、CLもグループステージで敗退するなど、非常に調子を落としてしまっています。

セスクはウイイレ2020で金降格してしまう可能性アリ

ウイイレ2020では、セスクが金に降格してしまう可能性もあると思っています。

特に、このままモナコが2部へ降格しまった場合、高確率で金へとレアリティが落ちてしまうでしょう。

ただ、金降格は金降格でメリットはあります。

・トレード機能で獲得しやすくなる
・確定スカウトのためのGPが安くなる
・主力だとライブアプデの恩恵が受けられる

などなど。

関連記事

新要素のライブアップデートとは何?注意点など簡単に解説します

【ウイイレアプリ2019】トレード機能のやり方と交換におすすめな銀選手

個人的にはむしろレベル30時の能力値85でぎりぎり黒よりも、総合値82ぐらいでスキルの豊富な金選手になった方がコスパ面でいえば良い選手になりそうな感じです。

例え金降格しても、FPに選ばれれば黒玉で再登場することになるでしょう。

なので、そこまで気にするほどではないかと。

次回記事ジヤシュがウイイレ2020で金から黒玉へ昇格しそうな3つの理由【確定スカウトも】