⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

【18冊10円査定】ブックオフオンラインで宅配買取のレビュー

「ブックオフのネット買取(=宅配買取)ってどんな感じなの?」

と疑問に思ったため、今回ブックオフオンラインを利用してみました。

結論からいうと、不要な本18冊で10円の査定結果となりました。ただし、想定の範囲内の査定額だったので特に不満はありません。

以下では買取の流れや良かった点、メルカリとの違いを紹介していきます。

スポンサーリンク

ブックオフオンライン申し込みの流れ

ブックオフオンラインは名前の通り、ネット版ブックオフになります。

・ネットから買取の申し込み
・家まで集荷に来てもらう
・査定結果はメールでお知らせ
・登録した銀行に振り込み

という感じです。

実店舗のブックオフとブックオフオンラインの最大の違いとしては、【家から出ずに買取が出来る】という点があげられます。

「大量の本を外に持ち出すのは疲れる」
「査定結果が出るまで店で待つのがめんどくさい」

私はこのような考えだったので、ブックオフオンラインを利用してみました。

実際に利用してみたのでレビュー

今回は不要な本18冊をダンボール1箱に詰めて集荷をお願いしました。

ブックオフオンラインでまずは会員登録をし、買取の申し込み。

集荷は翌日を選択できるのが良いですね。

結構適当な感じで梱包しています(査定額100円以内を想定していたため)

買取の際に必須なのが本人確認

ネット買取の場合は

・買取サイトに画像をアップロード
・ダンボールの中に免許証のコピー

このどちらかのパターンが多いですが、ブックオフオンラインはどちらにも対応しています。

地味に便利

本と免許証のコピーをダンボールに詰め、翌日佐川急便さんに荷物を引き渡しました。

ブックオフオンラインの良かった点

・知名度があるので安心して取引できた

・送料無料

・集荷も無料

・対応が早い

・メールで集荷時間や査定結果、振込予定日など詳しく連絡してもらえる

など

査定結果

・申し込みから集荷まで1日
・集荷から査定結果通知まで2日
・査定結果通知から振り込みまで1日

と、ブックオフオンラインを利用しようと決めてから4日ほどで手続きは一通り終了しました。

結構スピーディで、ストレスなく利用できるのはさすがブックオフという感じ。

肝心の査定結果は前述した通り、18冊で10円です。

実店舗のブックオフとあんまり変わらない感じですね

ただし私は結構満足しています。

というのも、

・不用品を処分したかった
・ブログの記事ネタにしたかった

という思いがあったため。

「本を売るならブックオフ♪」というよりも

「本を処分するならブックオフ♪」ぐらいの心構えです。

ネット買取とメルカリ・ヤフオクの違い

このブログでは何度も紹介していますが、ネット買取よりもメルカリやヤフオクで個人的に売買した方が収入になります

宅配買取サービスとフリマアプリ・ヤフオクを比較してみた

物を売って出来るだけお金を得たい場合はメルカリヤフオク等で出品するべきです。

販売・発送の手間がかかる分、ネット買取よりも高く売れます。

逆にネット買取を利用する場合は必ずキャンペーンの利用をするようにすると後悔しないと思います。

・初回申し込み限定1000円+査定
・まとめ売りで〇〇円+査定

など。

私の場合は

「いちいちメルカリで売る手間がめんどくさい」
「外に持ち出したくない」
「ゴミ処分でもいいぐらい」

という、家の不用品をまとめて処分する際にネット買取を利用する感じです。

その他のネット買取サービスの実体験記事はこちらから是非読んでいただけると嬉しいです。