⇒おすすめのPS4ソフト&周辺機器!

【CoD100円】VプリカならPS4でZ指定(18禁)のゲームを買えます

「CoDが100円セールで購入したいけど、クレジットカードは持ってない。じゃあどうすればいいの?」

と悩む方もいるかと思います。

そこで便利になるのがVプリカ。

VプリカならばPS4でZ指定(18禁)ゲームを購入できます。

しかもVプリカはコンビニに売っているので、気軽に利用可能。

今回はこのVプリカについてメリットとデメリットを踏まえて紹介していきます。

注意点として、手数料200~400円、カード維持費ありというデメリットがありますので、少しでもお得に利用できる方法を、この記事で覚えていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

PS4でZ指定(18禁)ゲームを買う方法

PSストアでは、割と頻繁にPS+会員向けのセールを行っています。

その中でもかなり魅力的なのが100円セール

PS+会員ならば100円で購入できるよという感じの大セールになります。

過去の例:CoDなど

「100円にするぐらいならいっそフリープレイで出してくれよ」

という感じなのですが、恐らくceroZ(=18以上対象のマーク)という年齢制限があるゲームは無料で配布することが出来ないのかもしれません。

Ceroとは、ゲームの対象年齢を表現したものです。

CeroZの場合は、18歳以上のみ購入可能という形になります。

加えて、【購入にはクレジットカードが必要です】という注意書きがあるゲームも存在します。

購入手段をクレジットカードに限定することで、18歳以下の人が気軽に買えないような仕組みをとっているんだと思います。

これらの商品を購入する方法の1つとして、Vプリカがあげられます。

パッケージ版のCeroZを購入する方法

パッケージ版の場合は、通販サイトやメルカリ、ヤフオクにて購入することが出来ます。

通販サイトで購入する場合は、アカウントの登録情報(年齢)に注意する必要があります。

実年齢20歳でも、アカウントで17歳と登録してしまうと購入できない場合があるので注意が必要です。

メルカリやヤフオクで購入するのが最もお手軽な購入方法になります。

ダウンロード版のCeroZを購入する方法

例え18歳以上だったとしても、PS4のゲームのZ指定のダウンロード版はクレジットカードで決済する仕組みとなっています。

クレジットカードを持っていないと、100円で販売されているゲームや、セールしているダウンロード版を購入したいときに結構困りがち。

そんな場合に便利なのがVプリカと呼ばれる決済手段です。

Vプリカならばクレジットカードを契約していなくてもceroZのダウンロード版を購入できます。

例えば、今販売されているCoDBO3を購入することももちろん可能です。

18歳以上だけどクレジット持っていないよという方向けですね。

めらん
めらん

ネット銀行のデビットカードでも購入できます

Vプリカはコンビニで買えて、クレジットカードの代わりになります

Vプリカは、コンビニで購入することが出来ます。

身近な例でいうと、Amazonギフト券やiTunesカードと似たようなタイプですね。

これらはコンビニで購入できる商品券のようなものですよね。

Amazonギフト券やiTunesカードと違うのは、クレジット決済と同じ扱いになる点です。

クレジット決済でないと購入できないものに対して、Vプリカは便利な支払い方法になっています。

Vプリカのメリットとデメリット

メリットとデメリット縮小版

メリット1.PSストアでZ指定のダウンロード版ゲームが買えます
メリット2.ネットでアカウント登録して、コンビニで購入できます
メリット3.クレジットカードを持っていなくても、クレジット決済ができます
デメリットまとめ:手数料あり・休眠カード維持費あり

Vプリカの効果的な使い方としては、18禁ゲームを親に頼らず自力で購入できる点ですね。

例えばCoDのベータテストであったり、PS+会員向けの100円セールの際にVプリカはとても優秀です。

ただ、Vプリカを購入する際には200円~400円の手数料がかかるため、こまめに購入するのは微妙なところです。

また、最後に利用した月から3ヶ月利用していない場合、月額125円を休眠カード維持費として、Vプリカの残高から強制的に引かれてしまいます。なので、一度で使い切るか、こまめに利用していく必要があります。

この2点は大きなデメリットですよね。

Vプリカの効率的な使い方

上記であげたデメリットから、Vプリカの使い道はかなり限定されてしまいますよね。

それでもクレジット決済ができるというのは非常に便利です。

購入する際は、あらかじめ全額使い切れるだけの金額分のVプリカを買うのが賢い使い方になります。

Amazon等の通販サイトや、メルカリでもVプリカが利用できます。

Amazonギフト券などの金券を購入すると、余った残高を効率よく処理出来ます。

PS+の期間延長に使用するのも良いと思います。

3か月以上未使用で放置すると手数料が発生しますので、Vプリカを購入した際は一気に残高を使い切ってしまいましょう。

めらん
めらん

Vプリカは残高以上に使用することは出来ないので、クレジットカードをネットサービスに登録するよりもセキュリティー面では安心できますね。

次回記事【2018年】買って良かったPS4ソフトランキング【管理人のプレイ時間順】