⇒【ウイイレ】今週(9/19)のFPガチャ

セルジオゴメスデビューの29節とルールダービー30節シャルケ戦

2018年4月8日、17/18シーズンブンデスリーガ第29節「ドルトムント対シュツットガルト」が行われました。

ドルトムントのホームのこの試合は、3-0でドルトムントが勝利しました。

プリシッチ1G、バチュアイ1G、フィリップ1G!
スポンサーリンク

17/18シーズン29節シュツットガルト戦

・ボールポゼッション→50:50
・ドルトムントのシュート(枠内)→11(5)
・シュツットガルトのシュート(枠内)→5(0)
前半のハイライト

※ゲレイロと香川は怪我、ヤルモレンコが久しぶりにベンチ入り
※冬加入の17歳ゴメスが下部組織から昇格してベンチ入り

シュルレとゲッツェが共にベンチとなりましたね。この2人は守備面で不安があるので、今回のスタメンは、個人的にとても期待していました。

前節でバイエルンに大敗し、チームを立て直せるか注目です。

前半は悪くない内容でした。

バイエルンやザルツブルク戦のときよりもビルドアップは良くなっていましたね。

シャヒン経由である程度ボールを回せていました。

そんな中の前半37分、
プリシッチのサイドからのクロスがそのままゴールに吸い込まれ、ドルトムントが先制します。

これはラッキーでしたね(笑)

それ以外は特に良いところもありませんでしたが、それ以上に悪いところがなく安心して観れましたね。

後半のハイライト

後半開始早々、
バチュアイ→シャヒン→バチュアイでゴール。追加点を取ることに成功します。

バチュアイやはり良いですね。足元でテクニックがあり、クロス時のポジショニングも良く更に枠内にシュートを飛ばせるので非常に評価しています。

ここ最近はそもそもボールに触れず、活躍できませんでしたがこれは先発メンバーによる影響も大きいはずです。

特にこれから香川選手が戻ってきたら安定して結果を出してくれそうですね。買取オプションがないので本当に残念です。

59分、
当ブログで何度も推していたフィリップが3点目のゴールを決めました。

そして3-0で試合終了。

久しぶりに完勝できました。

フィリップは派手な活躍はしませんが、今シーズンは出場数の割にスコアを稼いでいるんですよね。まだ若いので将来性のある素晴らしいプレイヤーです。

そして今日はシュテーガーの采配も見事でしたね。特に交代枠に大満足しています。

サンチョ、ゴメス、トルヤンら若い選手を起用しました。

セルジオゴメスについて

ゴメスは2018年1月にバルセロナから獲得した選手です。

サンチョと同じく、去年のU17ワールドカップ(久保君が出ていて話題になった大会です)で大活躍した選手です。

年齢は現在17歳。今年の冬に加入しました。

ポジションは前線の左サイドが得意なようです。

当初はアンダーのカテゴリー(ドルトムントの下部組織)からスタートしましたが、何と早速トップチームに上がり、本日デビューしました。

初のデビュー戦ということでホームで大歓迎を受けてピッチに入りました。

この選手も是非覚えておいてください。

サンチョ・ゴメス・久保君がだいたい同じ年齢なので、久保君もそろそろ海外に戻って挑戦することになりそうですね。楽しみです。

次節はルールダービー

次節は4月15日(日)日本時間22:30からシャルケ戦です。

2位シャルケと3位ドルトムントの勝ち点差はたったの1なので、ルールダービーに勝利すればCLストレート出場権に大きく近づきます。

シャルケホームの試合になりますが、何としても勝って欲しいです。

なお、シャルケは今節ハンブルガー伊藤に守備陣を切り裂かれ、ハンブルガーに負けています。

反対にドルトムントは前節バイエルン戦のショックから立ち直り、今節勝利していますので非常に好勝負が期待できそうですね。

ルールダービーはめちゃめちゃ激しいプレスが来るので、現状の課題であるビルドアップをどうするのか、期待しています。

怪我が怖いのでロイスには出てほしくないなぁとも思ってしまいます。

あとはヴァイグルの出場機会を何とかして欲しいところですね。最近は調子を落としていますが間違いなく才能のある選手です。

移籍されると中盤に難のある今のドルトムントには大きな損失になります。

その他ドイツ人のカストロ・シュールレ・ゲッツェの出番は今後苦しくなりそうですね。

若い選手がどんどん活躍していますね。今は苦しいですが、将来的にはまたタイトル争いが出来るんじゃないかとこっそり期待しています。

来週のルールダービーは要注目です!

17/18シーズン30節シャルケ戦【ルールダービー】

2018年4月15日、17/18シーズンブンデスリーガ第30節「ドルトムント対シャルケ」が行われました。

シャルケホームのこの試合は、0-2でドルトムントが敗北しました。

ハーフタイムの修正力の違い、今年ずっと課題になっているビルドアップが相変わらずなのが敗因でしょう。

ブンデスリーガで最も激しい試合がルールダービーです。

ルール地方にある2つのクラブの因縁は深く、選手はもちろんファンも激しくぶつけりあうする試合なのが特徴です。乱闘も珍しくありません。

香川選手が内田選手のユニフォームをロッカールームに持っていったら思いっきり踏まれたとのエピソードがあります。

そのぐらいライバル関係は強いのです。

近年はドルトムントが順位では上回っていましたが、今年はシャルケの順位が上です。

現在両者の勝ち点差はわずか1(2位と3位)なので、この試合に勝ったほうがCL出場権に大きく前進します。

そういう面も含めて、大事な大事な一戦でした。

前半

どちらも0-0で終わる気はないという気迫を感じました。

基本的にはシャルケがボールを保持してサイドからクロスを上げることが多かったですね。

ただ、ことごとくドルトムントがクロスを跳ね返し、決定機は作らせませんでした。

ドルトムントのチャンスとしては、ロイスのFKが良いコースに飛んだところぐらい。

これ以外は攻め手がなく、シャルケの波状攻撃に防戦一方でしたね。

そんな中、前半終了間際に、ウクライナ代表のコノプリャンカがサイドから抜け出しカットインからのミドル。これはぎりぎり枠を外れ、ドルトムントとしては助かりました。

前半は予想していたよりもあっさりとしており、イエロカードは1枚もなし。

ルールダービーにしては結構珍しい展開です。

バチュアイは足元が上手く、キープ力もあありワンタッチのトリックプレーもできる良い選手ですね。

後半

前半とは打って変わってドルトムントのビルドアップがひどくなりました。

何度もイージーなパスミスが目立ち、ビルドアップのミスから失点もしています。

コノプリャンカがミスを逃さずしっかり決め、シャルケが先制します。

いつもどおりの悪い癖が出てしまいました。

CBとボランチを補強が最優先ですね。

私の予想ですがソクラテスは夏に移籍しそうです。

内容はひどいのに、何故か大差で負けないのが不思議ですよね。

シュテーガーに変わってから、決定機を作られた数自体は明らかに減っています。特に相手が自陣でボールを回している時にプレスにいかないのが大きな変化ですね。

守備での1対1のリスクをひたすら減らしていくのがシューテーガーの守備戦術です。

その分攻撃の厚みがなく、クロップやトゥヘルの頃と比べるとやや退屈な試合内容になりがちです。また、上位には勝てる気配がないのも特徴ですね。

クロップのリヴァプールはCLでも勝ち続けており、ローマに勝てば決勝進出と結果を出しています。

本当にクロップがドルトムントを辞任したのが最大の損失でしょう。

後半80分、
フリーキックから2失点目。

完敗でゲームセットとなりました。

仮にもう一試合やったとしても負けると感じるぐらい、内容も含め完敗です。

次節は4月21日25:30からレバークーゼン戦です。

またしても上位対決で、CL圏争いの重要な試合になります。

トプラク・アカンジ・シャヒン・ヴァイグルを揃えないとビルドアップは厳しい印象です。

今年はだましだましで何とかCL圏を取り、夏にCBとボランチを補強するのが良さそうですね。

【404エラー】ページが見つかりませんでした | メラにっくのゲームブログ
ウイイレ2019PS4版とアプリをプレイ中